移動式クレーンのアウトリガーをセットしたら必ず確認して欲しいこと

Sponsored Links

 

建築現場で当たり前のように使用されている移動式クレーン。
あなたは、普段どんなことに気を付けて使っているかな。

 

例えば

あなたは移動式クレーンが来たら、設置場所と簡単な作業内容を伝えて、
実際に吊り荷の事が気になって荷おろし場所で待機していないかな?

 

別に

あなたが荷おろし場所で待機することは悪い事ではなくて、
予定通りの作業が出来るか確認するために非常に重要な事である。

 

でも

一通りの吊り作業を確認したら、クレーンの設置場所へ戻って
あなたに確認してもらいたいことがあるよ。

 

それは

アウトリガーの足元が沈下していないか確認すること。

 

きっと

新築の建築現場の場合であれば、工期の最初から最後まで
クレーンの足元が良好であると言うことは少ない。

 

もしも

必ず移動式クレーンを使用する場合は、敷鉄板のうえで
作業をするのであれば問題ないが、

それでもシートパイルの引き抜き作業などあれば、
足元が埋め戻したての状態である可能性もある。

 

実際に

埋め戻し直後の状態で、移動式クレーンを設置した場合に、
アウトリガーの足元が若干沈下して周辺に亀裂が入ったことがあるからね。

 

もしも

沈下が一気に進んでしまえば、移動式クレーンが転倒という、
最悪の未来が待っているかもしれない。

 

でも

あなたは、移動式クレーンが斜めになったら、
オペレーターが気付くのではないか?

と感じるかも知れないけど、警告の出ない程度の傾きであれば、
オペレーターさんも当然、吊り荷の方に意識が集中しているため、
気付かない事も当然あるはず。

 

その様な場合は、一番作業を客観的に見ることの出来る
あなたが気付いてあげるのが効果的であると感じるよ。
実際にチェックする時間は、2分もあれば十分だからね。

 

結局

「まさか!」の事態が起こってからでは遅いので
日頃から、負担にならない程度で意識して確認すると
大きな事故は意外に防げるはずだよ。

 

つまり

クレーンのアウトリガーをセットしたら必ず確認して欲しいことは、
アウトリガーの足元が沈下などの異常をきたしていないか?

 

もしも

クレーンのバランスが崩れてしまって転倒すると
「事故報告書」を出さなければいけないからね。

 

えっ

事故報告書って何?と言うあなたにはこちらの記事がオススメ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 2
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 測量用のベンチマークをどこに設置するかと言う問題

  2. 私の部下が陥りそうになった鋼矢板工法の施工計画上の問題点とは?

  3. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(3)

  4. 建築現場で作成する必要のある書類はどんなものが有るのか?

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(鋼材の種類、製造方法編)

  6. 拡底杭の仕組みとは?どのようにして杭先端だけ広げて掘れるのか?

  7. 鋼管杭、H型鋼杭の継ぎ手はどのような形式が一般的なのか?

  8. 溶接金網の基本事項と私がやりがちなたった1つの失敗とは?

  9. 足場計画図の作成に当たり足場と躯体の離れは300以下にすべきか?

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • T.Kumagai

    もしアウトリガの沈下が認められた場合、どのような対応をされますか?

    • T.Kumagaiさんコメントありがとうございます。

      アウトリガーの沈下が認められた場合は、まず作業を中止しますね。沈下が一気に進んでクレーンが転倒するのが一番怖いので…。
      それから、沈下部分に砕石などを入れて補修して再度セットして状況を確認します。それで、問題なければ再開ですかね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー