鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

Sponsored Links

 

全国の現場の9割は関係ないことかもしれないが知識と
して知っておくと良いと感じるので今回お伝えする。

 

なぜ

私が9割の現場は関係ないかと言うと、9割の現場は
「SD295A、SD345、SD390」の3種類で構成されるから。

 

ただし

明らかに高強度扱いの溶接閉鎖型フープなどを除くとね。
高強度のフープ筋は、それぞれ独自に認定を取得している
「商品」なので、今回の議論から外して考えるよ。

 

そこで

「SD295A、SD345、SD390」だけで構成されている現場は、
標準仕様書で言うところの「標準材料」のみを使用しているので
様々な仕様が規定されているから。

 

しかし

「SD490」については、標準仕様書の中で「標準材料」として
定められていないので折曲げ形状及び寸法並びに継手・定着長さ
及び継手方法などの標準的な納まりを示す必要がある。

その辺りを「建築工事監理指針(平成28年版上巻) [ 国土交通省 ]」で
記載している部分があるので参照してほしい。

(e) 主要構造部等に使用する鉄筋は,「建築物の基礎,主要構造部等に使用する建築材料・並びにこれらの建築材料が適合すべき日本工業規格又は日本農林規格及び品質に関する技術的基準を定める件(平成12 年5月31 日建設省告示第1446 号)で,JIS G 3112 及びJIS G 3117 並びに国土交通大臣の認定品とされたが。「標仕」では,このうちから標準的に使用するものの種類の記号を,「標仕」表5 .2.1に掲げている。なお,鉄筋コンクリート用棒鋼に丸鋼も掲げられているが,現在ではほとんど使用されていない。

(f) 「標仕」表5,2.1 には,SD490 が含まれていない。 SD490 が使用される場合には,折曲げ形状及び寸法並びに継手・定着長さ及び継手方法を含め,特記されることになる。

 

ちなみに

鉄筋の強度による種別をまとめた一覧表はこちら。

“””
鉄筋の許容応力度 ( 日本建築学会「鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説」による )

単位 N/mm2

種別 長期 短期
引張・圧縮 剪断補強 引張・圧縮 剪断補強
SR235 155 155 235 235
SR295 155 195 295 295
SD295A・B 195 195 295 295
SD345 215 ( * 195 ) 195 345 345
SD390 215 ( * 195 ) 195 390 390
SD490 215 ( * 195 ) 195 490 490
溶接金網 195 195 ** 295 295

* D29 以上の鉄筋に対しては ( ) 内の数値とする。

** スラブ筋として引張鉄筋に用いる場合に限る。

参照:http://www.structure.jp/databook/data101.htm

 

つまり

鉄筋材料について知っておいてほしいことは、SD295A~SD390については
「標準仕様書」で言う「標準材料」であるけど、SD490以上の材料については
規定がされていないという事実。

 

しかし

実際には設計図書で全て規定されているので実務で困ることは無いと感じるよ。

 

ここで

私が伝えたかったのは、あなたが当たり前だと感じていたことは
実は「当たり前ではない」かもしれないという事実。

 

だけど

はじめて任される仕事でトラブル無く仕事をすることは
本当に難しいからメチャメチャ不安だよね。

ちなみに、新しい仕事を任された時のコツはこちら。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 場所打ちコンクリート杭で私が大変だと感じる事とは?

  2. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(最小かぶりと設計かぶり)

  3. コンクリート打設計画で安全に施工する為に検討すべきものとは?

  4. 建築工事で品質計画を理解して具体的に定めている人は1割以下?

  5. 建築現場で材料置き場を見れば業者のレベルが分かるという理由

  6. 捨てコンクリートはまとめて打設するべきか?それとも?

  7. 枠組足場の構造計算をする場合に注意すべき事とは?

  8. 建設工事計画届の作成のポイント【架空線・埋設物調査図】

  9. 自立式山留め工法において変位の管理が最重要である理由とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー