場所打ちコンクリート杭で品質上問題になる4つのポイントとは?(2)

Sponsored Links

 

前回は、場所打ちコンクリート杭の品質上のポイントとして
「杭先端及び周辺地盤の緩み」についてお伝えしたが、
今回は残りの項目についてお伝えしていこう。

 

(2) 孔壁崩壊の懸念(安定液及び水頭庄の管理)

 

場所打ちコンクリート杭の施工工程としては、掘削を行った後に
コンクリートを打設するのだが、もしも、掘削をした時に杭穴が
崩壊してしまっていたのであれば、当然ながら期待通りの杭の
築造が出来ないのは言うまでも無いよね。

 

しかし

地下数m~数十mまで掘削していく上で、当然どこかの深度で
地下水が湧き出てくるラインがあるだろうし、砂場をイメージして
頂けば分かるとは感じるが、砂場で作った山に水が大量に掛かると
砂の山が崩壊するのと同じで、掘削した穴も崩壊の一途をたどる。

 

そこで

杭穴の崩壊を防ぐために、ベントナイト溶液など「安定液」と呼ばれる
液体を掘削途中の杭穴へ浸すことにより杭穴の崩壊を防ぐのだ。

具体的には、別の記事で詳しく紹介しようね。

 

(3) コンクリートの打込み管理ミスによる品質の低下

 

予定通りに掘削が完了したらいよいよコンクリートの打設だね。

 

ここで

コンクリートの打設についてミスをしてしまうと、
場所打ちコンクリート杭として所定の強度が得られない。

 

具体的には

  • 生コンの打設ピッチをプラントと十分に確認すること。
  • コンクリートの打設後の高さを確認すること。
  • コンクリートの打設高さに応じて確認してトレミー管を管理すること。

この中で特に重要なのは、トレミー管の埋設深さである。

コンクリートが分離せず、かつ不純物と混ざらないためには
トレミー管と呼ばれるコンクリートの打設に用いる縦の配管が
打設中のコンクリートに2m以上埋まっていないとイケないから。

 

だから

生コンの打設量から現在の想定打設高さを計算して、
検尺によって実際の高さを確認することで品質の良い
コンクリートを打設することが出来る。

 

(4) スライム沈積による支持力の低下

 

前項で、品質の良いコンクリートの打設方法を簡単に説明したが
コンクリートの打設前に、管理すべきポイントがある。

 

それが

「スライムの除去」である。

スライムと言ってもドラゴンクエストのモンスターではなく、
杭孔を掘削後に、杭孔の最下部に沈殿する「土砂などの不純物」
のことである。

 

なぜ、スライムの除去が大切か?というと、場所打ちコンクリート杭の
コンクリートは、水よりも安定液よりも比重が一番大きい。

 

よって

結果としてコンクリートが一番下に沈むので、杭のコンクリートは
最下部から徐々に打ち上げて行くのだが、最下部にスライム(不純物)が
貯まっていると、コンクリートを打設する場合に、スライム(不純物)と
コンクリートが混ざってしまうために、良質なコンクリートに成らないから。

 

だから

掘削後に1次スライム処理、コンクリートの打設前に2次スライム処理を
行って良質なコンクリートを打設することが大切。

 

つまり

場所打ちコンクリート杭で品質上問題になるポイントとは

  1. 先端及び周辺地盤の緩み
  2. 孔壁崩壊の懸念(安定液及び水頭庄の管理)
  3. コンクリートの打込み管理ミスによる品質の低下
  4. スライム沈積による支持力の低下

の4つであると建築工事監理指針には記載してある。

これらの4つの項目の内いくつかは今後記事として
取り上げて行こうと考えているよ。

 

更に

品質管理についてはこちらの記事も合わせて読むと効果的だよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 柱リストで最初にチェックすべき現場で忘れがちなポイントとは?

  2. 鉄筋の定着長さの数値を是非とも覚えておくべき理由とは?

  3. 明渠・暗渠は意外に便利。水の原理を利用して効率化するコツ

  4. 独立基礎のはかま筋は独立基礎においては実際には不要なのか?

  5. 地中梁の打ち増し部の鉄筋の端部は定着する必要があるのか?

  6. 型枠支保工の計算の不備から起きる最悪の状態とは?

  7. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(何故必要か?)

  8. 建築現場で水替えの労力を劇的に減らすための考え方とは?

  9. 足場の昇降設備はタラップか?昇降階段か?それが問題だ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. スラブ配筋の屋上部の出隅・入隅補強で入れ忘れの多いポイントとは?

    2020.03.23

  2. スラブ段差の配筋等に関する設計者と現場と作業員の攻防とは?

    2020.03.18

  3. 鉄筋屋VS設備屋!?スラブ筋とスリーブを巡るそれぞれの言い訳とは?

    2020.03.16

  4. バルコニーの避難ハッチの開口補強で気を付けるべきポイントとは?

    2020.03.13

  5. スラブ筋の開口補強はどのサイズまで凡例が適用出来るのか?

    2020.03.11

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ