鋼管杭の特徴とは?既製杭や場所打ち杭に比べてどうなの?(2)

Sponsored Links

 

前回は、鋼管杭のデメリットについてお伝えした。
そこで、今回は鋼管杭のメリットについてお伝えする。

 

まずは

工場製作品であるため、安定した材料品質が得られる。
ということで、場所打ち杭のように現場で配筋やコンクリートの
品質管理を一生懸命行わなくても良い。

 

これは

既製コンクリート杭の場合でもそうだけど、工場製品であることの
最大のメリットではないか?と私は考えている。

「だって、現場の手間は1つでも減らしたいからね」

 

 

2つ目は

曲げに強く、水平力を受ける杭に適するということ。

 

特に

埋立地や海岸沿い、河川沿いなどの立地においては、
地震時の「液状化現状」の懸念があるために、
どんな種類の杭に対しても上部は「鋼管巻き」の場合が多い。
すると、当然コストアップにつながる。

 

そこで

元々、鋼管で構成されている鋼管杭は、他の工法における
コストアップ要素を、あらかじめ取り込んでおり価格差が縮まる。
そして、この水平力による抵抗は次のメリットにもつながる。

 

 

3つ目は

応力に応じて材質や肉厚を変えた合理的な設計ができる。

これは、先程の項で取り上げた、液状化対策などの場合に有効。
実は、場所打ちコンクリート杭でも、既製コンクリート杭でも
配筋の仕様は、杭の上部のほうが強い構造であることが多い。

 

それと同様に、鋼管杭でも外径は同じでも「肉厚」を変えることで
柔軟に杭の設計を経済的に行なうことが出来る。

私自身は経験していないが、鋼管杭で長さごとに肉厚の違う
設計図を目にしたことがあるのはそのような理由だろう。

 

 

4つ目は

支持地盤の不陵に対応しやすい。

だけど、これはメリットになる場合もあるし、ならない場合もある。
というのは、上から下まで同じ鋼管で構成されている杭であれば、
もしも、支持地盤が高めに出て「高止まり」をした場合でも、
「切断」することが可能だからである。

 

逆に、支持層が低く目に出た場合には「継ぎ足し」が可能だから。

という事は、支持地盤のレベルが安定していない地層での
工事において、「再製作」などのリスクが減るから。

 

しかし

先程の項でお伝えした、肉厚が異なる構成の鋼管杭であれば
単純に「切断」や「継ぎ足し」を行ってしまうと、杭としての所定の
耐力を得ることが出来ない場合が多いので、構造設計者と
協議をしながら対応を進めて欲しい。

 

メリットとしては、あと3つあるのだが長くなるので、
続きは次回に持ち越しね。

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 柱や梁と壁が同面の場合の鉄筋の納まりで気をつけるべき事とは?

  2. 建築現場の土工事の埋戻し時の注意点とは?(1)

  3. 建築現場の仮囲いのゲートを設置する時に失敗したと感じた3事例

  4. 溶接金網の拾い出しを行なう時にやりがちな失敗例とは?

  5. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

  6. 独立基礎のはかま筋は独立基礎においては実際には不要なのか?

  7. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

  8. 杭工事で電流計のデータが取得失敗したらどうする?

  9. 隅柱や側柱において3次元的に考えるべき納まりとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ