ロングスパンエレベーターに関する私が目撃した危険な情景とは?

Sponsored Links

 

普段何気なく街を歩いていても建築現場があると
ついつい気になってしまうのは職業病だろう。

 

そのなかで

「あれは危ないぞ!」

と感じたことがあったので一応共有しておこう。

 

それは

10階建て位の賃貸住宅の現場に設置してあった
ロングスパンエレベーターについて。

その現場は、ロングスパンエレベーターの設置してある
スペースの前面道路から見て奥側、つまり1階の建物の部分を
左官小屋としてりようしていた。

 

別に

ロングスパンエレベーター奥の建物の1階部分を
左官小屋に使うことは私も良くする計画である。

特に、ロングスパンエレベーターの部分の足場は
最後の方まで残る可能性が高いのでモルタルの縦配管を
行うには都合が良いから。

 

そこで

私は、通常はロングスパンエレベーターの直下に
人が入れないように、前面道路側と左官小屋側に
ジャバラゲートをそれぞれ設置している。

 

そして

左官小屋に材料を搬入する場合は、ジャバラゲートを
開けることでリミットが効いてロングスパンエレベーターは
上下には移動が出来ない。

 

だから

上からロングスパンエレベーターが降りて接触する事故は
起きないという考え方に基づいて施工している。

 

しかし

その現場には1階部分に何も無かったのだ。

ロングスパンエレベーターが上階に上がっている状態なら
普通にロングスパンエレベーターの直下を歩いて行き来出来る。
よって、左官小屋への砂やセメントの搬入も思いのままだろう。

 

だたし

上からロングスパンエレベーターが降りて来なければ。
労働基準監督署が見たら一発アウトだろうな。
と感じた状況だった。

 

つまり

ロングスパンエレベーターに関する私が目撃した危険な情景とは、
1階部分にジャバラゲートなど立入禁止措置が全くない。という状態。

ロングスパンエレベーターの奥側の建物の1階部分を
材料置き場にしていて車が入れるようにしているのだけど、
通常、そういう風にする場合はジャバラゲートを手前と奥と2ヶ所設置する。

 

そもそも

なぜ、ロングスパンエレベーターの設置業者が1階にジャバラゲートを
設置せずに帰ったのかが不思議でたまらない。
労働基準監督署がきたら一発でアウトなのにね。

最悪、事故が起こったらこちらは免れないと感じるよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 場所打ち杭の検尺って本当に当てになるのか?という疑問

  2. 建設工事計画届の作成のポイント【表紙~工程表

  3. 柱や梁と壁が同面の場合の鉄筋の納まりで気をつけるべき事とは?

  4. 当たり前すぎで見過ごしがち!帯筋やあぱら筋等のせん断補強筋の端部フック

  5. 建築現場の仮囲いに貼っておくべき7+3の内容とは?(1)

  6. 捨てコンクリートの役目とはそもそも何なのか?5つの役目(1)

  7. 独立基礎の基礎と地中梁は何故レベルが違うのか?

  8. 建築現場で材料置き場を見れば業者のレベルが分かるという理由

  9. ディープウェルは地下水位が高い地域ではスタンダード?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ