コンクリートの打設後の墨出しで距離も角度も合わない!どうする?

Sponsored Links

 

コンクリートを打設した後は大抵墨出しが待っている。

 

きっと

この記事を今読んでいるあなたは、
ほとんど「自分で墨出しをした経験がない」と感じるよ。

 

なぜなら

日頃から、自分でトランシットを振って墨出しをしていれば
タイトルに書いてある内容に対する対処方法は
自然と身についていると感じるから。

 

では

なぜ今回のテーマを取り上げたか?

というと、実際は他の職員や墨出し屋と呼ばれる測量会社の人が
墨出しを行っている場合には、自分の頭で悩まないので、
いざトラブルに直面した時に、どのように対応したら良いか分からないから。

 

もしも

あなたに対して作業員さんが

「トランシットで矩(かね)を振った時に角度が合わないし、全長も合いません」

という相談を投げかけられたらどのように答えるかな?

 

まず

墨出しの一番最初は、「大矩(おおがね)」といって、
基準となるX方向とY方向の墨を1本ずつL字型に出すのだけど、
L字型の基準となる点は、下の階から上げた墨や外部から光波で
落としたポイントが基準になる。

 

実際に

人間のすることには必ず「誤差」がつきものなので
下の階から上がってきた墨が、完全に毎回誤差が0ということは
まず有り得ないと考えておくべき。

 

もしも

「誤差が0です」

何て事になったら

「どこか間違ってない?」

と疑うくらいに、あって当然のものが「誤差」である。
大抵は、1~2mmくらいは普通に起こると考えて良い。

 

そこで

私の場合は、トランシットで90度振ってみて、
1~2mmくらいであれば、トランシットの矩を優先する。

 

更に

全長を測って、長さに応じてお互いのポイントを調整する。
具体的には、全長が2mm短ければ、お互いのポイントを
1mmずつ外にずらすという方法を取ることが多い。

 

そして

そのフロアで、全長も角度も0に補正した基準墨に修正する。

 

なぜなら

まだまだ上に躯体が上がっていく場合は、
枚フロアー基準を少しずつ修正しながら進めていかないと、
絶対に上の階で吸収できないくらいの誤差になっていくから。

 

だから

大切なのは、次に上の階に持って上がる数点のみ。
残りの墨が間違っていようが、基本的にはその階での
影響範囲で収まることが多い。

 

すると

大矩は大体決定するので、後は基準の墨に沿って
必要な所へ出していけば墨出しはだいたい終わる。

 

しかし

下から上げた墨が3~5mmくらい違う場合は、
もう一度下の階の墨を確認させることにしている。

間違いの無い人間なんていないので、
どこかで勘違いが発生する場合があるのが。

 

だって

下の階の墨はあなたがきちんと大丈夫である。
と確認した墨だから、そこまで大きな誤差になる事は
考えにくいからね。

 

すると

大抵の場合は、間違いや勘違いであるので
再度上げた墨からやり直すのである。

 

結局

一度でも自分でやったことのある人は
「当たり前」だと感じることも、立場上自分でしなければ
「未知の世界」ということは世の中にはたくさんあるから
そのようなあなたの為に、このブログがなると私は嬉しいよ。

 

つまり

コンクリートの打設後の墨出しで距離も角度も合わない場合は、

  • 下の階からの墨が間違っていないか確認する。
  • どこを調整すると一番被害が少ないか?を検討する。

 

更に

被害の少なさは、

  • 長手優先で物事を考える。
  • 測量機器を据える位置を微妙にずらす。

ことを念頭に置いて、1~2mm以内であれば合格
と考えるべき。人間の測量誤差って大体そのくらいだからね。

 

ここで

重要な事は、実際に墨出しをしたり、立ち会ったりする立場
の人って現場の中の地位もそこまで高くないと想像するけど、
どのような立場の人間であっても、トラブルの現場に居合わせたら
「決断」をする立場あであるということ。

「今までやったこと無いし分からない」

とは、基本的に通用しないと考えるべきだよ。

 

だから

こちらの記事も合わせて読むと効果的だよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 杭材料を信じるな!思い込みが産んだ危機一髪な出来事(2)

  2. 鉄筋を溶接で継ぐという事は?溶接継手を分類すると?

  3. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

  4. 足場の昇降設備はタラップか?昇降階段か?それが問題だ

  5. 建築の確認申請や計画通知がいつおりるのか?それが問題だ

  6. 杭頭補強のパイルスタッド、NCPアンカー、中詰め補強筋工法について

  7. 片持ち階段の構造を支えているのは見落としがちな○○鉄筋

  8. 鉄筋屋さんに対し、良く計算されていると感じる柱の主筋の長さの秘密とは?

  9. 柱・梁の断面算定の考え方と鉄筋の納まりの実態との差とは?(1)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. コンクリートの仕上りの状態と精度の基準はどのくらい?

    2020.08.05

  2. コンクリートの出来型検査ほど面倒くさい事は無い?楽するコツとは?

    2020.08.03

  3. コンクリートの断面寸法の精度を求める3つの要求とは?

    2020.07.31

  4. コンクリートのワーカビリティーとスランプは無関係なのか!?

    2020.07.29

  5. コンクリート強度確認の大原則は非現実的だという現実とは?

    2020.07.27

  1. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  2. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  3. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ