鉄筋を「継ぐ」にも等級があった!一般的なガス圧接継手の等級は?

Sponsored Links

 

鉄筋を「継ぐ」ための一般的な工法は重ね継手とガス圧接継手です。

重ね継手は比較的細い径の鉄筋の継ぎ手に用いられ、
ガス圧接継手は太い径の鉄筋に用いられます。

 

そして

タイトルにもある通りに鉄筋の継手には「等級」があります。

 

だから

あなたはタイトルを見て

「はいはい、どうせB級でしょ!」

と思いながら読んでいることでしょう。

 

「本当にガス圧接継手はB級なのですか?」

と問いかけたら「はい!」と自信を持って答えることが出来ますか?

 

確かに

鉄筋の継手には等級があり、ガス圧接継手は一般的には「B級」です。
「A級」として現場でよく採用されているのは「溶接継手」や「機械式継手」です。

 

では

「なぜB級グルメ級の継手が日本中で使用されているのか?」

についてですが、私の率直な感想をお伝えすると

「価格も人の手配も容易だし、何しろA級の必要性が無い」

という所でしょうか?

 

具体的には

A級継手を使用するケースとして一番多いのが「PC」や「先組工法」
などの様に「事前に組み立てた何か?」を「継ぐ」場合です。

B級継手では許されていない「端部」や「イモ継手(全数継手)」が
A級継手では使用出来るからなのです。

 

しかし

日本中で施工されている鉄筋コンクリート造の現場の中で
A級継手が必要になるケースは多くはありません。

普通に鉄筋を端から並べて梁の中央もしくは1/4の位置で
継手位置が隣り合わせにならないように継げば良いからです。

 

更に

職人さんの数も一番多いでしょうし、コストも手頃です。

 

だから

ガス圧接継手はB級でも一番普及しているのです。

 

あっ!そうそう。

大切なことを忘れていました。

 

実は

ガス圧接継手には「A級」もあるのです。

 

しかし

私はA級継手だからと言ってガス圧接継手を使おうとは思いません。

 

なぜなら

ガス圧接継手は「縮む」からです。PC部材を継ぐのに鉄筋が
「縮む」と致命的だからです。

これが、ガス圧接継手の「A級」が普及しない原因かも知れませんね。

 

最後に

鉄筋コンクリート造配筋指針・同解説第5版 [ 日本建築学会 ]」の該当部分を確認して下さい。

 

 

iv)各級継手と,その継手の使用の可否

SA,A,B,C級綱手に応じて,建築基準法施行令第82条および告示(昭55建告第1791号)に示す計算ルート,ならびに全数継手とするか半数継手とするかにより,その継手の使用箇所が制約されている.〔解説表6.4.解説表6.5参照〕

解説表6.4 ルート1,2-1,2-2,2-3の方法または壁式構造に対する継手の種類と使用の可否

計算方法 使用箇所 SA級 A級 B級 C級
全 半 全 半 全 半 全 半
ルート1,2-1,2-2
または壁式構造
a. ・大梁の中央域の主筋
・小梁の主筋及びスラブの引張鉄筋
◯ ◯ ◯ ◯ △ △ △ △
b. ・柱と梁の材端域の主筋
・壁梁の主筋及び1階の耐力壁脚部の縦筋
◯ ◯ ◯ ◯ △ △ ✕ △
c. ・その他の鉄筋 ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ △ ◯
ルート2-3 a. ・大梁の中央域の主筋
・小梁の主筋及びスラブの引張鉄筋
◯ ◯ ◯ ◯ △ △ △ △
b. ・柱と梁の材端域の主筋
・壁梁の主筋及び1階の耐力壁脚部の縦筋
◯ ◯ ✕ ◯ ✕ ✕ ✕ ✕
c. ・その他の鉄筋 ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ △ ◯

[注]表中の全と半はそれぞれ全数継手と半数継手を示し,○と×はそれぞれ継手の使用の可否を示す.また,△は剛性または強度が足りない分,鉄筋本数を増やすことにより使用する場合(鉄筋量を多くすれば当該継手を使用してもよい).

 

解説表6.5 ルート3の方法に対する継手の級と使用の可否

計算方法 使用箇所 部材種別 SA級 A級 B級 C級
全 半 全 半 全 半 全 半
ルート3

 

a. ・大梁の中央域の主筋
・小梁の主筋及びスラブの
引張鉄筋
◯ ◯ ◯ ◯ △ △ △ △
b. ・耐震設計上,降伏ヒンジが形成される材端域の主筋及び1階の耐力壁脚部の鉄筋 FA ◯ ◯ ↓ ↓ ↓ ↓ ✕ ✕
FB ◯ ◯ ↓ ◯ ↓ ↓ ✕ ✕
FC ◯ ◯ ◯ ◯ ↓ ◯ ✕ ✕
FD ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ✕ ✕
WA,WB ◯ ◯ ◯ ◯ ↓ ◯ ✕ ✕
WC,WD ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ✕ ✕
c. ・上記以外の材端城の主筋 FA ◯ ◯ ◯ ◯ △ △ ✕ ✕
FB ◯ ◯ ◯ ◯ △ ◯ ✕ ✕
FC ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ✕ ✕
FD ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ✕ ✕
WA,WB ◯ ◯ ◯ ◯ △ ◯ △ △
WC,WD ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ △ △
d. ・その他の鉄筋 FA ◯ ◯ ◯ ◯ △ ◯ △ △
FB ◯ ◯ ◯ ◯ △ ◯ △ △
FC ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ △ ◯
FD ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯
WA,WB ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ △ ◯
WC,WD ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯

[注]表中の全と半はそれぞれ全数継手と半数継手を示し,◯と✕はそれぞれ継手の使用の可否を示す.また,△は剛性または強度が足りない分,鉄筋本数を増やすことにより使用する場合(鉄筋量を多くすれば当該継手を使用してもよい)であり,↓は,◯印のついている下位の部材種別と仮想して計算してある場合には,当該継手を使用してよいことを示す.部材種別の記号,FA,FB,……,WDは昭55建告第1792号第4に示されている部材種別の記号である.

 

つまり

鉄筋の継手にはSA、A、B、Cの4つの等級が定められており、
一般的に良く使用されている「ガス圧接継手」はB級継手にあたります。

 

しかし

同じガス圧接継手においても「A級」の場合があるので、
「ガス圧接継手=B級継手」と判断できません。

 

また

A級継手は溶接継手や機械式継手などが多く、全数を同じ箇所で
継ぐ事が可能になるため、先組み工法やPCなどに用いられる事が多いです。

 

ただ

一般的には継手の等級が上がるとコストも上がっていくので
ガス圧接継手以外を採用する場合は「費用対効果」を考えましょうね。

 

特に

所長になる前で「現場のお金を預かっていない立場」
の時から意識しておくと成長のスピードも雲泥の差ですよ。

 

更に

こちらに登録することで成長のスピードを
もっともっと早めることも出来ますよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 場所打ちコンクリート杭のかご筋について検討すべき納まりとは?

  2. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(5)

  3. 建築現場の土工事の埋戻し時の注意点とは?(1)

  4. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

  5. 生コンクリートを現場に運搬する前に検討すべき5つの事とは?

  6. 測量用のベンチマークをどこに設置するかと言う問題

  7. 生コン工場があなたの希望通りに選べない協同組合制度とは?

  8. コンクリートの圧縮試験費用を低減したい時にひらめく悪魔の囁きとは?

  9. コンクリート工事の施工計画書の本音と裏側(2)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. 躯体工事の優劣を決める型枠工事の役割と種類を整理しておこう

    2020.12.02

  2. コンクリートの外力からの養生は必要!打設後1日目は何が出来るの…

    2020.11.30

  3. コンクリートの湿潤養生は散水だけでなく型枠の脱型にも影響する?

    2020.11.27

  4. コンクリート打設は一発勝負!床仕上げで失敗しない5つのコツとは?

    2020.11.25

  5. コンクリート打設のバイブレーター(棒型振動機)に関する5+1の…

    2020.11.20

  1. 一級建築士の資格勉強を始める時期はいつからか?という悩み

    2020.08.07

  2. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  3. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  4. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ