鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(7)

Sponsored Links

 

前回は、鉄筋工事の施工計画書の全17項目のうち
11~12項目までをお伝えした。最初から読みたいあなたはこちらから。

 

13,梁,壁,スラブ等の開口部補強,屋根スラブ,片特スラブ,壁付きスラブ,パラペット等の特殊補強の要領

 

梁や壁やスラブには必ずと言って良いほど「設備開口」が必要である。
更に、出入り口や窓なども開口に含まれる。

「開口」部は時にはスリーブであったり、四角に箱抜きするものもあるが、
基本的に、「構造的に弱い」部分であるので「ひび割れ」が発生しやすい。

 

だから

開口部には相当の補強をする必要があるので、計画書に記載するか?
別添の納まり図を添付しておきましょう。と書いてある。

 

更に

屋根スラブ,片特スラブ,壁付きスラブ,パラペット等も
特殊部分となり他の配筋要領と変わるので記載しましょう。とも

 

しかし

「補強って、既に設計図に記載しているのでは?」

ってあなたは感じないかな?私は今回この記事を書く時になって
始めて「あれっ?」と感じたよ。(気づくの遅いけど…)

 

そこで

なぜ、わざわざ今回の項目が有るのだろう?と考えてみた。
すると3つくらいの可能性が出てきたよ。

 

1つ目は

特殊な部分をしっかりと明記することで、関係者の理解を深めるから。

 

実は

あなたが当たり前だと感じていることが、他の人の当たり前でない。
ということは世の中にいくらでも有るし、むしろその方が多いかも。

 

だから

大切な部分については、改めて資料を添付することで「再意識」
をさせることにつながっていくので、ある意味有効かな?と感じるよ。

 

 

2つ目は

既製品などを使用する場合に、使用する商品が設計仕様を満たすか?
あらかじめ計画書の段階で確認する必要があるから。

 

特に

梁貫通の開口補強筋やサッシ開口の入隅の開口補強筋などは、
さまざまなメーカーから既製品が販売されており、在来工法より
圧倒的にかかる工数は少ない。

 

だけど

既製品の補強筋は、設計図書に載っていないことも多いので
施工計画書などできちんと承認をとっておくべきでだよね。

 

 

3つ目は

施工会社独自の基準に基づいて施工を行いたい場合に、
納まりを施工計画書に記載することで採用可能か確認するため。

 

例えば

設計図書の補強要領では、社内で定めた配筋量に足らずに
品質に関するパトロールの時に不具合が発生する可能性があると、
社内の人間から指摘される事がある。

「設計図書に有るんだから普通はその通りにするよな~」

と心の底では思いながらも「スミマセン」と謝るしかない。

 

だから

もしも、社内で独自の品質基準が定められていたら、
あなた自身の立場を守るためにも、質疑や施工計画書で

「社内的にはこの納まりが良いけど、いかがですか?」

と相談を持ちかける必要はあると感じるよ。

 

今回はこのあたりでおしまいね。
また次回。

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 杭の剛接と半剛接って何?実は、現場の苦労は大違いの理由とは?

  2. 鉄筋の重ね継手の長さは現場で絶対に忘れてはイケない数値!

  3. 材料搬入出用の荷取りステージは張り出しか?地上から組むか?

  4. 枠組足場の組み立て時に建枠を抱かせると生じる隙間とは?

  5. 埋設物調査を必ず実施しないといけない現場とは?

  6. 鉄筋の定着と継手の定義と基本的な考え方を確認しておこう

  7. 敷地境界の測量を初めに行うべき3つの誤差の話とは?

  8. 鉄筋材料を役所の数量以上に発注していないというトラブルの原因とは?

  9. 建築工事を進める上で仮囲いはいつまで必要なのか?基準は?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 建設現場の巡回時に異変に気づくコツはあるのか?という悩み

    2019.03.11

  2. 径の異なる重ね継手は「大は小を兼ねる」で良いのか?

    2019.03.08

  3. 腹筋の継手長さ不足と鉄筋屋さんに文句を言う前に確認すべき事とは?

    2019.03.06

  4. 溶接金網の拾い出しを行なう時にやりがちな失敗例とは?

    2019.03.04

  5. 重ね継手の2つの素朴な疑問にあなたは答える事が出来ますか?

    2019.03.01

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (55)
  • 工種別の管理ポイント (299)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー