鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(8)

Sponsored Links

 

前回は、鉄筋工事の施工計画書の全17項目のうち
13項目をお伝えした。最初から読みたいあなたはこちらから。

 

14,鉄筋位置の修正方法(台直し等)

 

鉄筋はコンクリートに成り代わり上下階をつなぐ大切な部材。

 

だから

「差し筋」という形で上階へ向けて鉄筋が延びている。
通常は、圧接や溶接などの継手工法や、重ね継手でジョイントして
上階へつながっていき「引張力」を負担するのだ。

 

しかし

世の中は「成功」ばかりではないよね。

私は失敗したときにどのように対処するか?
がとってもとっても大切だと考えているからね。

 

そこで

コンクリートを打設した後の墨出しで鉄筋の位置が
間違っていた場合の修正方法を記載する必要がある。

 

だけど

曲げて修正するにしても限度があるのだ。
勾配が1/6よりきついと曲げて修正してはいけない。

 

なぜなら

先程もお伝えしたけど鉄筋は「引張力」を負担するから。

 

例えば

まっすぐな紐にくらべて、ぐにゃぐにゃと曲がった紐の方が
ピンと両手で引っ張ったときの延び方って違うよね。

当然ながら、もともとまっすぐな紐の方が早いタイミングで
「テンション」のかかった状態になるよね。

 

テンションのかかった状態、つまり引張力を負担するまでに
鉄筋が変形してしまうと建物自体が変形してしまうから。
すると、地震力に耐えられないからね。

 

まぁ

鉄筋の位置を間違いないように打設前に確認するのが
最も効果的な方法なんだけどね。

 

15,鉄筋組立後の乱れを防止する方法(歩み板の使用等)

 

「結束線の強度って何とも言えないよな~」

と私は感じることがある。

 

なぜなら

結束してある部分に体重を掛けても問題なく登れたか、
と思うと、何かの拍子に「ぐっ」っと体重が掛かると
とたんに結束部分がちぎれてしまう。

 

別に

計算されてそんな微妙な強度になっているわけではない。
結果として、たまたま力を入れればちぎれる強度になっただけ。

 

だから

特にスラブで普通の「モチアミ」形状(上下ともXY方向に@200など)
の配筋の場合は、上手に歩く人は鉄筋の交差部の上端筋の部分を
踏んで歩くので結束が乱れないが、バランスを崩して上端筋以外を
踏んでしまうと、「ブチッ」と結束線が切れてしまう。

 

すると

配筋自体が乱れてしまい品質上も問題だけど、何よりも「見た目」が
圧倒的に悪くなるので、「歩み板」を敷いて養生する必要がある。

 

だから

私は個人的には、スラブがハーフPCやボイドスラブ、鉄筋付きデッキ
などの形状であれば下筋が固定されていたりするので上筋が乱れにくい。
すると、少々管理が悪くても配筋検査時にキレイな配筋を見てもらえるので
非常に気が楽なんだよね。

 

今回はこのあたりでおしまいね。
また次回。

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 玉掛ワイヤーの点検時に本当によくある間違いとは?

  2. 移動式クレーンのアウトリガーをセットしたら必ず確認して欲しいこと

  3. 自立式山留め工法の変位の計測結果の最も効果的な表示方法とは?

  4. 建設工事計画届の作成のポイント【架空線・埋設物調査図】

  5. 山留め際にレッカーを据えることが出来るか?構造計算と上載荷重

  6. 足場の風荷重の算定方法とは?(4)壁つなぎの検討2

  7. アースアンカー方式は近隣さんの理解の上に成り立っている工法

  8. 測量用のベンチマークをどこに設置するかと言う問題

  9. 既製コンクリート杭の施工計画書には何を記載すべきか?(2)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー