建築の確認申請や計画通知がいつおりるのか?それが問題だ

Sponsored Links

 

建築の確認申請や計画通知がおりないと工事が掛かれない。

建築の現場監督であれば9割以上の人間が知っている
常識的なことだけど、しばしば悩まされる事がある。

 

それは

いつになったら許可がおりるのか?

という問題だ。

 

ちなみに

建築の確認申請や計画通知とは、
設計図書が法的に問題ないか建築主事や第3者機関が
チェックをするのだけど、かつて「姉歯問題」が起こってから、
形式的にはおりなくなった。

 

しかも

構造において、適合判定に廻ると訳の分からない質疑や
指摘が増えて、構造設計者が右往左往しながら対応している。

 

だから

「何事も無ければ、今週中にはおります」

と言われていても、翌日には
「質疑が帰ってきて、今週いっぱいは回答作成に掛かります」
という返事をもらうことも珍しくは無い。

 

結局

「何時になったらおりるのよ~」

と、叫びたくなる。

 

なぜなら

確認申請の許可に合わせて、
杭工事の段取りをしているためで、許可がおりないと
当然、工事を始めることが出来ないから。

 

更に

杭打ち機を遊ばせたら、1日数十万という経費が掛かる。
もしも、10日遅れたら、数百万の出費になるけど、
客先も設計事務所も、費用なんてみてくれるはずはない。

 

「工期がないから、見切り発車で杭打ち機を段取りしたのに、
なかなか確認申請おりないなんて、聞いてないよ~」

と愚痴をこぼしたくなるような事を何度が経験している。
しかも、実際に確認申請がおりたら

「やっと確認申請おりたから、早くやろうよ」

と言われたら、かなりカチンと来るよね。

「そんなに急に段取りなんて出来ないよ」

と心の中で呟いていたよ。

 

だけど

確認申請がおりるまえに見切り発車で工事をはじめてしまうと、
法違反になってしまうので、絶対に出来ない。

 

そして

確認申請がなかなかおりない場合は、
図面が確認申請に必要な部分しか作成されておらずに、
残りの詳細部分の詰めが甘い設計図が非常に多く、
実際の施工に掛かった時に、「不整合の嵐」になることを
あらかじめ覚悟をしておいたほうが良いと感じるよ。

 

いずれにしても、確認申請のなかなかおりない現場は、
この先ずっと色々なトラブルに巻き込まれる恐れが、
非常に強いと感じるので、注意しておいてね。

 

つまり

建築の確認申請や計画通知がおりないと、
当然工事には掛かれないので、状況を逐一把握して、
工事の段取りを進めよう。

準備工事なのか、本工事なのかは、
人によって判断が違うのであまり無茶なことは止めておこう。
「急がば回れだよ」。

 

更に

いつから開始できるかわからない状態だと、
作業員さんの確保の問題って重要だよね。

作業員さんの確保についてはこちらが参考になるよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 場所打ちコンクリート杭で品質上問題になる4つのポイントとは?(1)

  2. 鉄筋のスペーサーは縦向きか?横向きか?充填性と強度の矛盾について

  3. 地中梁の打ち増し部の鉄筋の端部は定着する必要があるのか?

  4. 建築現場の仮設電気は低圧?高圧?電圧降下がひどいなら発電機?

  5. 再生砕石を使用する上で環境的に必ず知っておくべき事とは

  6. 主筋のかぶり厚さを一定以上取らないと起こる耐力低下とは?

  7. 鋼管杭、H型鋼杭が高止まり・低止まりした場合はどうする?

  8. 試験杭で想定地盤と違っていたらどうする?支持層より低い場合(2)

  9. 地質調査図のコンター図をどこまで信用して良いのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー