柱リストで最初にチェックすべき現場で忘れがちなポイントとは?

Sponsored Links
/* */

 

柱リストには各柱の様々な情報が載っています。

あなたも柱の配筋写真を撮影する前には必ず確認しているはず。

 

ところで

あなたは柱リストにマーキングつけることをしていますか?

 

ちなみに

私は2種類の蛍光ペンと他にマーキングしています。
マーキングする場所は特別な納まりのある部分をチェックします。
ここでマーキングする箇所は、特別に写真として残しておくべき箇所です。

 

そして

2種類の蛍光ペンで塗る箇所は下階の柱符号の内容と比較します。
そして、下階より減っている箇所と増えている箇所に
それぞれの色を付けます。
もちろん、鉄筋径やピッチが増減した場合も印をつけるようにします。

 

すると

建物全体で上階に行けば行くほど鉄筋径や本数が減っていき、
どの階で配筋の内容が変化するか?をあらかじめ把握できると、
作業員さんや工事監理者さんとの対応もスムーズだからです。

 

また

今回お伝えしたいことで一番重要なのは「増えている箇所」です。

 

具体的には

鉄筋径を1サイズ下階より落とせる場合に、本数が増えてしまう
場合が有るからです。

 

では

何が重要なのか?というと柱の本数が増える場合は、
下階のコンクリート打設前に「差し筋」が必要だからです。

 

しかも

現場でバタバタしているときは忘れがちな差し筋でもあり、
万が一忘れた時は現場として大問題に発展しかねない話ですからね。

 

つまり

柱リストで最初にチェックすべき現場で忘れがちなポイントとは、
「柱筋の数が下階より増えている箇所の有無」のチェックです。

 

もしも

該当部分があれば、目立つようにマーキングを行って、
下階の施工時に「差し筋」が忘れずにセットされているか?
を、確実に確認しておきましょう。

 

だけど

頭の中で「忘れないでおこう」と思っていてもバタバタしていると
ついつい忘れてしまうのが人間ですよね。

 

そこで

有効だと私が考えているのが、関係者に事前に言ってまわること。
すると、誰かが覚えていて報告してくれる確率が上がりますから。

そのためには、作業員さんや部下との普段からのコミュニケーションが
とってもとっても大切です。

不安なあなたにはこちらの記事が参考になりますよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 溶接金網の基本事項と私がやりがちなたった1つの失敗とは?

  2. 施工計画書の裏側!安全管理と環境管理の章はおまけなのか?

  3. 地中梁配筋時における設備業者とのトラブルNo,1事例とは?

  4. 地中梁の打ち増し部の鉄筋の端部は定着する必要があるのか?

  5. 耐圧盤付きの地中梁を2回に分けて打設する場合に失敗しがちな例とは?(2)

  6. ロングスパンエレベーターの前養生について個人的に感じること

  7. コンクリート工事の施工計画書の本音と裏側(2)

  8. 枠組足場の組み立て時に建枠を抱かせると生じる隙間とは?

  9. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(部位別)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. 型枠工事で壁開口の組立で事前に確認すべき3つのポイントとは?

    2021.01.15

  2. 型枠工事の1番のポイントを敷桟にあるとTMが考える理由とは?

    2021.01.13

  3. コンクリート寸法を標準化するメリットを阻む2大足かせとは?

    2021.01.08

  4. 【保存版】躯体図に記載すべき36のチェック項目とは?(チェック…

    2021.01.06

  5. 型枠に設置する垂直スリットで絶対にやってはイケない失敗とは?

    2020.12.25

  1. 一級建築士の資格勉強を始める時期はいつからか?という悩み

    2020.08.07

  2. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  3. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  4. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ