柱筋のかぶり厚さは地上と地中とどちらを優先させるか?

Sponsored Links

 

柱筋を組み立てる時に主筋とフープ筋の間に隙間があると
私はいつも上司から

「何だ、きちんと主筋とフープ筋が結束できていないじゃないか!」

と怒られていました。確かに、主筋とフープ筋に隙間があると、
見た目も美しくなくだらしない感じになることは否めません。

 

しかし

どうしても隙間ができてしまう場所があるのです。

 

それが

タイトルにも記載している「地中」と「地上」の取り合い部分です。

 

なぜなら

地中部分の柱の設計かぶり厚さは、最小かぶり40+10mm
地上部分の柱の設計かぶり厚さは、最小かぶり30+10mm
と10mmの差があるからです。

 

すると

地下と地上の境目はフープ筋の大きさがX、Y方向共に20mm違いが出ます。
そのまま主筋とフープ筋を結束すると必ず隙間が出来てしまうのです。

 

だけど

主筋とフープ筋の間に隙間が出来ないように地上部分のかぶり厚さを
地下部分と同じに設定すると、隙間が生じないかわりに
地上階での鉄筋の働き寸法が変わってしまうので構造設計者さんの
事前の確認が必要になります。

 

だから

どちらを優先するにしても工事監理者さんに確認して
おくことをオススメします。

 

ここで

「フープ筋の大きさなんて鉄筋屋さんが上手く納めてくれるんじゃないの?」

とあなたは感じるかも知れませんね。

 

しかし

溶接閉鎖型フープなど工場加工する形状の場合は、
あなたに寸法のチェック依頼がくることもあります。

「そんなの、鉄筋屋さんに転送だよ!」

と言うあなたも、自分の前をチェック済みの書類が通るタイミングで
どのような考え方でチェックされていて、結果として現場では
どのような状態になっているか?を1度はチェックしてみて下さいね。

 

つまり

柱筋のかぶり厚さは地上と地中とどちらを優先させるか?
については、地上の設計かぶり厚さが40mm、
地下部分の設計かぶり厚さが30mmと違っているので
取り合い部分でフープに隙間が出来る可能性が高いからです。

 

ここで

事前に工事監理者さんに確認をしておけば理解をしてもらって
スムーズに現場が進む可能性が高いので忘れずに確認をして下さいね。

 

更に

設計者さんや工事監理者さんのハートをつかむには
こちらの記事が参考になるので是非読んでみて下さいね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. ロングスパンエレベーターに関する私が目撃した危険な情景とは?

  2. 場所打ちコンクリート杭で私が大変だと感じる事とは?

  3. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

  4. 建築現場の土工事の埋戻し時の注意点とは?(1)

  5. 重ね継手の2つの素朴な疑問にあなたは答える事が出来ますか?

  6. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(1)

  7. 建築現場の仮囲いに貼っておくべき7+3の内容とは?(3)

  8. 施工計画書の裏側2!一般事項で宣言すべき○○とは?

  9. 鉄筋の加工で熱曲げ加工やアーク溶接をしてはイケない理由とは?(1)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ