地下水位の高い地域の基礎工事は水替え費用をけちるな

Sponsored Links

 

地下水位の高い地域では必然的に掘削をすると
地下水が湧いてくるのが通常である。

当然、地下水位に対して掘削床が圧倒的に低い場合は
シートパイルやSMWなどでしっかりと周りの止水を行うが
掘削床がそれほど深いわけではなく、地下水位も掘削床に近ければ
それほどの排水計画をたてることは無いと感じる。

 

しかし

実際に地下水位が掘削床の上になるか?下になるか?は
季節や潮の満ち引きなどの影響で上下する場合もあるので
一概には言えない。と私は感じでいる。

 

そして

「もしも、水替えの必要が出たらどうしよう?」

と予め検討をしておかないと、現場での全ての対応が
後手後手にまわってしまうのである。

しかも、対応が後手後手にまわってしまうと
追加の費用が加速度的に増えていって最終的に
どのくらいで納まるのか?分からない。
と言う状況に陥ってしまったなら最悪だよね。

 

「それなら最初から設備を整えた方が安かった」

 

と後悔したことも実際にはある。

 

だから

余り水替えの必要性のない現場であっても
最低限の設備の検討をすることをオススメするよ。

 

具体的には

ノッチタンクや釜場の設置や場合によっては
素堀り側溝などを整備しておくと良いと感じる。

 

すると

予想外の大雨などで現場が水浸しになったとしても
圧倒的に対応がしやすいからね。

 

実は

私は夏の時期の掘削で、夕立に何度も会うたびに
現場が水没してしまって水替え設備が不十分なために
かなりの水替え費用を払うはめになったことがある。

費用だけでなく労力もかなり割いてしまったので

 

「もう、同じような失敗は嫌だ」

 

とその現場で強く思ったよ。
それからと言うもの、水替え設備については
最低限に事前に備えて置くことにしているよ。

 

つまり

地下水位の高い地域の基礎工事に置いては水替え費用を
けちらずにしっかりと費用をかけた方がスムーズに
現場を終わらせることが出来るし、実際の苦労も
圧倒的に少ないよ。

 

下手に水替え費用をケチって、見えないお金を大量に払うなら
見えるお金にしておいた方がよっぽど計算出来るからね。

 

あっ

水替え費用をと言えば、こちらも費用として
しっかりと見込んでおこうね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 杭のかご筋を組み立てる時に鉄筋組立ですぐに溶接したがるか?

  2. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

  3. 荷受構台で忘れてはいけない3つのポイントとは?

  4. 鋼管杭の材料検収で罠が仕掛けてあるならココ!をチェック

  5. 自立式山留め工法の特徴と注意すべきポイントとは?

  6. 既製コンクリート杭の施工計画書には何を記載すべきか?(2)

  7. トレミー管を使用してコンクリートの打設を行うチェックポイント5つ

  8. 施工計画書の裏側2!一般事項で宣言すべき○○とは?

  9. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 毎日の雑務に追われて悲劇のヒロインに陥ってしまうという悩み

    2019.01.18

  2. 建設業で再出発をするが上手く現場運営出来るかという悩み

    2019.01.16

  3. やることが多すぎてパニックになり優先順位が混乱するという悩み

    2019.01.11

  4. 先輩によって教え方や仕事の進め方がが全く違うという悩み

    2019.01.09

  5. 現場に出ずに事務所で現場監督をする場合の悩みとは?

    2019.01.07

  1. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (49)
  • 工種別の管理ポイント (286)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー