契約図書と実際に施工する設計図書で実際にあった罠とは?

Sponsored Links

 

契約図書とは、文字通り「工事を契約した時の図面」である。

 

ちなみに

契約図書の中には、大きく分けて「契約書」と「設計図書」の2つがあり、
「設計図書」の中には

  • 質問回答書
  • 現場説明書
  • 図面
  • 特記仕様書
  • 標準仕様書

が含まれている。

 

そして

契約図って一応現場においてあるけど、
現場の施工は実際には「最新図」で仕事を進めるよね。

 

しかし

ある日突然、客先からこんなことを言われたのだ。

「金属工事の〇〇の納まりって□□でしたよね」

と、でも私がいつも施工するに当たって使用している図面には、
どこにも□□なんて載っていない。

「□□なんてどこにも載ってないですよ」

と言うと、

 

「イヤイヤ、ここに載っているじゃないですか」

と契約図を持ってきて、該当のページを見ると、
確かに□□が載っているのである。

 

「ほら」

と得意気に見せる客先に対して、

 

「でも、最新図では載ってないですよ」

と、逆に最新図を見せる私。
しばらく、沈黙の間に

「図面が、差し替わってますね。
でも、契約図で契約をして内訳を作成しているので設計変更です」

 

こちらからすると、

「おいおい、勝手にそっちが図面差し替えて何言ってんだよ」

と心の中では感じていたよ。

 

最後に

「契約図と最新図が違うみたいだから確認しておいてね」

と簡単に言ってきたもんだから、
かなり頭に来た記憶があるよ。

だって、10ページ位の設計図書なら確認できるけど、
数百ページに渡るような設計図書で、
一言一句チェックするなんて現実的には無理。

 

だから

「設計事務所に雲マーク付けてもらわないと無理ですよ」

と頼んでみても、結局そんな新設なデータが
送られてくることはなかった。

 

しかし

新旧の設計図書の違いは、意外な所から発覚する。
それは、「内訳明細書」である。

内訳明細書を確認していて、

「あれっ、こんな項目ないぞ」

と感じる場合は、大抵図面の相違が生じている可能性がある。

数量の違いはパッと見ただけでは分からないけど、
項目があったり無かったりするのは比較的見つけやすいと
感じるので、あなたが「大きな被害」に遭わないように
「疑問に感じた項目」は必ず2つの図面を見比べるようにしようね。

 

つまり

私が経験した契約図書と実際に施工する図書での罠とは、
実際に施工する設計図書に書いていない情報が、
契約図書に書いてあったということ。

 

もしも

契約時点で設計が固まっていないような情報を
手に入れた時は、図面の一言一句をチェックするのは
非常に大変なので、積算の明細票などを見比べて
「あれっ」と感じる所が無いか、確認することは非常に重要。

 

更に

「失敗した~」と感じた時は、こちらの記事がオススメだよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 地中梁の通路足場(地足場)を何で組むのか?という悩み

  2. 場所打ちコンクリート杭の施工計画書の作成について(1)

  3. 埋設物調査を必ず実施しないといけない現場とは?

  4. 構造図の配筋は見上げか?見下げか? 躯体図との違いとは?

  5. 建設工事計画届の安全衛生管理計画で記載すべき内容とは?

  6. 掘削工事計画図を作成時に想像しておくべきこととは?

  7. 杭頭補強のパイルスタッド、NCPアンカー、中詰め補強筋工法について

  8. 知っておいて損はない杭工事の選定の3つのポイントとは?

  9. 杭の余掘りは1mなのか?最終掘削深さの算出時に確認すべきこと

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー