建物位置の縄張りを行なうことで確認できる3つの事とは

Sponsored Links

 

実際に工事を始める前や起工式の前などに
建物位置の「縄張り」を行なうことが多い。

「縄張り」とは、文字通り建物の大まかな形状が
分かるように、実際の通り心の位置や外壁の位置で
「縄を張って」誰にでも分かるようにするのだ。

 

では

なぜ縄張りを行う必要が有るのか?

 

まずは

実際の境界からの距離が、図面上の法的な後退距離が
確保できているのか?ということを確認するためである。

前面道路からの後退距離や、隣地からの離隔距離などが
法的に決められている場合は必ず確認すべき項目。

 

もしも

図面上に記されている「法的な数値」が満たされていないと、
建物が法的に満たされていないので、建築の完了検査に合格せずに
いつまで経っても「箱」の状態から「建物」の状態になることはない。

 

だから

法的に合致しているかを最初に確認しておこうね。

 

次に

建物位置を出して、敷地からの距離を確認することで
ベンチマークからの測量の出し間違いを防ぐことが出来る。

 

なぜなら

最近はトータルステーションで建物位置を出すことが多いが、
もしも、座標の入力を間違えてしまうと、発見するのが困難だから。
特に、「器械点」と「後視点」が間違えていると、建物形状はそのままで
位置や角度が全体的にずれてしまうから。

 

だから

一度距離を出して、図面上で分かっている境界などからの距離を
チェックすることで測量間違いを防ぐことが出来る。

敢えて、面倒くさくても建物を施工している途中で
間違えに気づくと建物自体が「作り直し」になってしまうので
ぜひとも確認しておきたいところだよね。

 

最後に

建物位置を具体的に「縄」で表示することにより、
イメージしやすくなるという利点がある。

たとえ、図面を見て、形を把握していたとしても
実際のスケール感というものは図面を見ていても
ピンときていない人も多い。

 

だから

起工式の前に「縄張り」を行っておくことで、

 

「へ~、こんな形の建物になるんだ」

と出席者の偉い人達がイメージできるから。

別に、偉い人の為だけは無いけれど、どうせやるなら
偉い人達にも分かって貰いたいよね。

 

つまり

建物位置の縄張りを行なうことで確認できる3つの事とは、

  1. 境界線からの距離
  2. ベンチマークからの測量間違いの有無
  3. 建物形状のイメージ

実際に目の前にして初めて気がつくこともあるかも知れないね。
でも、私達の仕事は図面段階で問題点に気づくことを
目指しているので、こちらの記事も合わせて読んでおこう。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 私の部下が陥りそうになった鋼矢板工法の施工計画上の問題点とは?

  2. 明渠・暗渠は意外に便利。水の原理を利用して効率化するコツ

  3. 玉掛ワイヤーは編み込み式より鉛ロック式を使うべきと言われるのか?

  4. 柱筋の脚部の折り曲げ長さが150である意外な理由とは?

  5. 建築現場で良く使用される揚重機(クレーン)の種類を簡単解説

  6. 親杭横矢板工法を初めて経験した時に感じた予感と実態とは?

  7. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(9)

  8. 柱・梁の断面算定の考え方と鉄筋の納まりの実態との差とは?(2)

  9. 測量用のベンチマークをどこに設置するかと言う問題

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ