基礎のベース筋のかぶり厚さを杭頭から確保すべき理由とは?

Sponsored Links

 

鉄筋のかぶり厚さというのは一般的には外部面からの距離をとるが
唯一といってよいほど例外的なのは基礎のベース筋のかぶり厚さです。

 

ちなみに

基礎のベース筋とは、基礎の配筋のうち下部に配置される
XY方向に配筋される鉄筋の事であり、基礎リストに上部に
配置される「はかま筋」と並列して記載されている事が多いです。

 

そして

先程のベース筋のかぶり厚さが他の鉄筋と同様に外部からの距離を
基準に記載されている数値と共に、杭の天端からの距離も記載されています。

 

実は

私も最近まで理由を知らずに深く考えずに、「そういうもの」
として疑問に持つこともなかったのです。

 

もしかすると

この記事を読んでいるあなたも私と同じ考えかも知れないし、
そもそも「そんな記載あったの?」と感じているかも知れないですね。

 

そこで

あなたも一緒に想像してみて欲しいのだけど、杭の天端からの
距離が記載されているということは、距離が小さいと不具合が
起きる可能性があるのだけど一体どんな可能性がありますか?

 

例えば

ヒントとしては、上部に鋼管を巻いた杭が基礎の中に杭頭が
入り込んでいるけど異種ですよね。

鋼管の無い場所打ちコンクリート杭だとしても杭と基礎じゃ
打設時期が異なるはずですよね。

更に、地下水位が地上から1mもないくらい高い場合は
埋め戻した後の基礎の状態を想像してみましょう。

すると、時間が経過するとどうなりますか?

 

答えは

杭の表面を伝わって基礎内に浸入してきた水分による影響で
鉄筋が錆びるのを防止するためなのです。

この答えは「鉄筋コンクリート造配筋指針・同解説第5版 [ 日本建築学会 ]
に記載されているので合わせて確認しておきましょう。

 

耐久性・施工条件によるかぶり厚さの特例を次に示す.

i) 杭基礎では, 9 章に示すように杭頭を捨コンクリートを貫いて基礎内に納めるのが一般的である. 基礎筋( ベース筋)から杭頭まで距離が小さいと, 杭の表面に沿って上昇してきた水分が基礎筋をさびさせるおそれがある. したがって, 杭基礎の基礎筋のかぶり厚さは解説図3.3 のように杭頭からとる必要がある.

 

つまり

基礎のベース筋のかぶり厚さを杭頭から確保すべき理由とは、
杭を伝ってくる水分の影響による基礎のベース筋の腐食を
防ぐためです。

 

だから

既製コンクリート杭などで高止まりをしてしまうと、
基礎とのかぶり厚さを確保できなくなる場合があるので
基礎の鉄筋をしっかりと納めるためには、実は杭の精度管理が
非常に大切だということです。

 

ちなみに

杭の精度管理については過去にこんな記事も書いているので
合わせて読むと非常に効果的ですね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 埋め戻し時に余盛という概念があるということを知っているか?

  2. 乗入れ構台に乗り入れられない?計画時のチェックポイント(2)

  3. 測量用のベンチマークをどこに設置するかと言う問題

  4. 鉄筋の端部のフックが現場で喜ばれる場面、嫌われる場面とは?

  5. 仮設の桟橋に1番構造的に負担のかかる車両はどれか?

  6. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(公称直径、断面積編)

  7. 鉄筋のあきの最小値にコンクリート粗骨材寸法が基準にある理由とは?

  8. 建築工事を進める上で仮囲いはいつまで必要なのか?基準は?

  9. 当たり前すぎで見過ごしがち!帯筋やあぱら筋等のせん断補強筋の端部フック

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー