杭工事の施工の品質確保について考えて置かなければいけないこと

Sponsored Links

 

昨今、杭の施工管理と言えばとってもナーバスにならざるを得ない。

それは、杭の偽装問題が発端なんだけど、
同時に、杭という見えない地中の中の作業の品質を
どのように管理してきたか?管理していくか?
という、ある意味根本的な問題でもある。

 

特に

支持層のデータについては、不測の事態に備えて電流計を
2つセットしたり、時にはそこまでするか?という様な対策を
講じている会社もあったりする。

 

それだけ

見えない地中の出来事を証明することは現在でも大変なことなのだろう。
そして、性善説というのは存在しなくなったのだな。と感じる。

 

でも

ここから本音を書くけど、

私は現場なんだから「不測の事態」というものは必ずある。
どんなに対策を取っていても必ず起きる。と考えている。

 

もしも

不測の事態になったとき、現場で実際に不具合があれば
金が掛かろうが、時間が掛かろうが直すべきだし、
「たかがデータの紙切れ1枚」がなかったとしても、
工事監理者、現場監督、専門業者が胸をはって「大丈夫」と
言い切るくらいの姿勢で仕事をすることが大切だと感じる。

 

確かに

第3者の目から見ると証明は出来ないのが現実かもしれない。
でも、「もしも、何か不具合があったら責任は見てやるよ」
というくらいの生甲斐を持って仕事をしている人が減っている。

「これは僕の担当じゃない」

「あいつに任していて詳細は分からない」

というサラリーマン的発想しかしない人が本当に多い。

 

しかし

私は建設現場で働く現場監督などは職種や経験は違っても
「みんなプロフェッショナル」であると考えている。

 

だから

もっともっとプロフェッショナルとしての誇りを持って良いよ。
利害関係者と話をする時も自信を持って「プロの仕事」です。
と言っていいよ。その代わり「責任」を持って仕事をすればよい。

今回のように偽装問題で大変な時こそ自信を持って仕事を出来るか?
というポイントは、人によっては大きな分かれ道になっているのかもね。

ちょっと、愚痴っぽくなったけどそういうことです。

 

つまり

杭工事の施工の品質確保について考えて置かなければいけない事とは、
見えない地中での作業をどのように見える化して管理するか?
また、不足の事態にどのように対応するか?その予防策をどう考えるか?
が重要である。

基本的には、最近までは工事の施工は性善説で行われてきた部分が
あったがこれからは同じようにはいかない時代であることを強く認識するべき。
もしも、あなたが失敗したらこんな勇気ってあるかな?

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 鋼管杭の特徴とは?既製杭や場所打ち杭に比べてどうなの?(3)

  2. 玉掛ワイヤーは編み込み式より鉛ロック式を使うべきと言われるのか?

  3. 鋼矢板の引抜きはサイレントパイラーか?バイブロハンマーか?

  4. 移動式クレーンのアウトリガーをセットしたら必ず確認して欲しいこと

  5. 大型のトラッククレーンを使用した時に失敗した3つの事例とは?

  6. 場所打ちコンクリート杭の品質の要!スライム処理とは?

  7. 既製コンクリート杭のロットで支持層は確認できるのか?

  8. 建築現場の仮囲いのゲートを設置する時に失敗したと感じた3事例

  9. 地質調査図のコンター図をどこまで信用して良いのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー