鉄筋の端部のフックが現場で喜ばれる場面、嫌われる場面とは?

Sponsored Links

 

鉄筋の端部は使用部位によって様々な形状になっている。

 

例えば

柱の主筋が上階へ続く場合は真っ直ぐな形状だし、
梁の主筋の端部は90度のアンカー形状になっている。
基礎の主筋の立ち上がりなども90度フック付きだしね。

その鉄筋の端部の形状の中で180度のフックが必要な部分もある。
代表的なものは最上階の柱の主筋などが有るよね。

 

そこで

必ずしもフックを必要としない場面でも、フックがあると嬉しい場面がある。
ここからは私が嬉しいと個人的に感じる場面ではあるがお伝えしていく。

 

それは

壁筋の上階へ伸びる部分の端部である。
つまり、差し筋となりスラブから突き出ている鉄筋の端部である。

 

では

なぜ、壁の差し筋にフックが付いていると私が嬉しいかというと
安全面での差し筋の養生を行わなくても良いからである。

 

なぜなら

鉄筋の端部がそのまま直筋で飛び出していると、付近で通行している
作業員さんが転倒などをしてしまうと鉄筋に刺さってしまう事故が発生するから。
実際に、目の前で見たことは無いけれどお尻や足にかなりの深さ刺さってしまった。
という事故事例を聞いたことがあるよ。

 

だから

壁の差し筋の端部には鉄筋キャップやバー型の鉄筋カバーなどを設置するけど、
作業が進むにつれて外れてしまったりすることも多く管理が大変である。
更に、壁の型枠の中に鉄筋キャップが転落してしまった場合などは取り出すのに
非常に苦労するが、あらかじめフックが付いていると何もしなくてよく非常に楽なのだ。

 

しかし

壁の差し筋のフックは良いことばかりではない。メリットの影には必ずデメリットが有る。

 

まずは

壁筋の先端にフックを付けるという行為自体を鉄筋業者が面倒くさいということ。
もしも、端部が直線のままで良ければ、必要長さの定着物の鉄筋さえ発注しておけば
何の加工もなく現場で組み立てることが出来るのだけど、フックを付けると加工手間が
発生してしまうので文句が出るので、事前に打ち合わせが必要だよ。

 

次に

フックが付いている鉄筋の付近を通行する場合にフックがズボンに引っかかる
ことが多いというのが難点である。端部が直線形状であれば引っかかっても
外れやすいのだが、フック形状に先端に引っかかると

 

「ビリッ!」

とズボンが破けてしまうこともある。

「うわ~!やってしまった~!」

と思っても後の祭りだけどね。

 

つまり

鉄筋の端部にフックが付いていて現場で喜ばれる場面とは、
壁筋などの差し筋の先端の安全上の養生が不要になる時で、
逆に、私の中でフックが付いていて嫌な場面とは、
フックの先端にズボンが引っ掛かると、フックが付いていない
場合に比べて圧倒的にズボンが破れる確率が高いことである。

 

これらは

私の経験上の話なので、もしもあなたが「いや違う」とか
「私はこんな体験をした」ということがあればコメントや、
こちらのお問い合わせからご報告頂ければ嬉しいな。

 

ちなみに

お問い合わせの場合は、コメントと違って他人に見られないので
「他人には見られたくないけど伝えておきたい」
という方にはオススメだよ。

↓  ↓  ↓

感想や悩みはこちらから。

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

  2. あばら筋(スタラップ)のフックが135度である理由と有りがちな失敗とは?

  3. コンクリート工事の施工計画書の本音と裏側(4)

  4. 建築工事で品質計画を理解して具体的に定めている人は1割以下?

  5. 鉄筋コンクリートに優しくない用途とかぶり厚さの考え方について

  6. 誘発目地と鉄筋の位置関係で生じるかぶり厚さ不足とは?

  7. コンクリートの仕上りの状態と精度の基準はどのくらい?

  8. ガス圧接の継手面における鉄筋の切断加工で推奨されない工法とは?

  9. 建設工事計画届の作成のポイント【架空線・埋設物調査図】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. コンクリートの外力からの養生は必要!打設後1日目は何が出来るの…

    2020.11.30

  2. コンクリートの湿潤養生は散水だけでなく型枠の脱型にも影響する?

    2020.11.27

  3. コンクリート打設は一発勝負!床仕上げで失敗しない5つのコツとは?

    2020.11.25

  4. コンクリート打設のバイブレーター(棒型振動機)に関する5+1の…

    2020.11.20

  5. コンクリートの水平・垂直打継に関する11の基本的な知識とは?(…

    2020.11.18

  1. 一級建築士の資格勉強を始める時期はいつからか?という悩み

    2020.08.07

  2. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  3. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  4. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ