山留め際にレッカーを据えることが出来るか?構造計算と上載荷重

Sponsored Links

 

「こんな計画で本当に大丈夫?」

「きちんと検討したの?」

 

社内の施工審査時に言われた言葉である。

「オイオイ、今までどこの現場もやってたじゃないか?
何で言いやすい人間にだけ、こんな事を言うんだよ」

と私は心の中でつぶやいていた。

 

で、どんなことを言われたかというと

「山留めの際にレッカー据えて持つの?」

という質問。

 

でも

恥ずかしながら、その瞬間まで何も考えずに
山留め壁の際にレッカーを据えていた。
それでも特に問題にならなかったので当然大丈夫だ。
と考えていたのだ。

 

しかし

実際は違った。

 

山留めを検討する時には上載荷重といって
山留め壁際の地面に一定の荷重を見ている。

通常、1平米当たり10kNつまり、1tは
山留めの際に荷重を掛けても良い。

 

実際は

レッカーのアウトリガに掛かる荷重は
1tという数字をはるかに越えていた。

「これって、実際はまずいよな…」

と、色々なことを考えた結果、

「取りあえず敷鉄板で荷重を分散だ」

 

と社内審査の手直しを持っていった時に説明をした。
すると、私に問いかけをした人はずっと疑問だったらしい。
そこで、丁度良いチャンスだと言っていた。

 

私としてはありがた迷惑的に最初は感じたけど、
新しい知識を得るための良い機会になったよ。
何事も自分の頭で考えるって大切だな。

 

ちなみに

結果としては経験則上、大丈夫だと思っていたけど
実際も何の問題もなく無事に終わったよ。

 

でも

分かっていて施工するのと、
知らなくて施工するのでは大違いだね。

 

つまり

山留めの際にトラックやレッカーなどの重量のある車両や資材を
止む終えなく設置する場合は、必ず構造計算書で上載荷重の確認が必要。

基本的に10kN/m2(平米当たり1t程度)が入っているとは感じるが、
今度は重量物が上載荷重の半位であるかどうかを確認しようね。

 

あまり無いとは感じるけど、最悪の場合は「山留めの崩壊」もあるからね。
最悪の状況にならないように、日頃からの監視は非常に大切。
こちらの記事も合わせて確認すると理解がより深まるよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 型枠支保工の計算の不備から起きる最悪の状態とは?

  2. 建築現場の土工事の埋戻し時の注意点とは?(2)

  3. 鉄筋の定着と継手の定義と基本的な考え方を確認しておこう

  4. ロングスパンエレベーターに関する私が目撃した危険な情景とは?

  5. 自立式山留め工法において変位の管理が最重要である理由とは?

  6. 鉄筋のスペーサーにコンクリート強度を考慮しないと断面欠損になるか?

  7. 錆びた鉄筋の表面状態でコンクリートが打設可能なのか?

  8. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

  9. 施工計画書の裏側!施工フローで工事の流れを全てを記載せよ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 複数本並んだ長尺物を継ぎ足す場合の原理原則とは?

    2019.02.20

  2. 鉄筋を「継ぐ」にも等級があった!一般的なガス圧接継手の等級は?

    2019.02.18

  3. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  4. 定着長さが配筋検査時の直すのが非常に困難な指摘事項の1つ!?

    2019.02.13

  5. 梁の主筋の定着はただ直線で必要長さが確保できていれば良いのか?

    2019.02.08

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (54)
  • 工種別の管理ポイント (294)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー