柱・梁の断面算定の考え方と鉄筋の納まりの実態との差とは?(2)

Sponsored Links

 

前回は、設計時に設定した柱・梁の幅が現場の諸条件において
その通りにいかない場合があることをお伝えしました。

今回は、前回の引用部に記載のありましたこちらの部分について
お伝えしていきましょう。

引用:「鉄筋コンクリート造配筋指針・同解説第5版 [ 日本建築学会 ]

断面算定では梁の方向や梁筋の上下端によって一段筋のかぶり厚さが異なってくることまで厳密に取り込んだ計算をすることは少ない.したがって, どちら方向の梁筋を上側にするべきかといったことは,スパンや小梁との位置関係などから決まることになるが, 設計図書に示されていない場合には工事監理者の指示を受ける必要がある.

 

つまり

今回お伝えするテーマは梁の1次筋、2次筋についてです。

 

まず

梁の1次筋、2次筋を簡単に説明しますと

「X・Y方向でどちらの梁の主筋を先に配筋するか」

を定めたものです。

 

具体的には

梁の朱筋はX・Y方向それぞれ配筋されるため柱部などで交差します。
すると、どちらかの主筋が一方の主筋の上を交差することになります。
そこで、先に配筋される方向を1次方向といい、主筋を1次筋と呼びます。
また、後から配筋する鉄筋(上側から交差する鉄筋)を2次筋と呼びます。

 

また

「あなたの現場ではX・Y方向どちらが1次筋方向か?」

については、大抵の場合は設計図書の構造図の伏図あたりに
書いてあるはずなので1度は確認すべきでしょう。

もしも、記載のない場合は工事監理者さんへ確認しましょう。
基本的には、建物の長手方向が1次筋方向である現場が
私の経験上9割位かな?という印象ですけどね。

 

更に

小梁の配筋については、基本的には大梁の主筋に何重にも
重ならないように上下の位置を決めていかないと上下方向の
かぶり厚さ不足を招いたりする可能性が非常に高いですからね。

 

つまり

梁の配筋に関しては、設計図書ではほとんどの場合において
X・Y方向でどちらの梁の主筋を先に配筋するかが定められています。

 

なぜなら

主筋の配筋の後先によってコンクリート上部からの主筋位置が
主筋径分変わってしまうので、構造計算上の有効せいや重心位置
などに影響を与えてしまうからです。

 

そこで

先に配筋する鉄筋を1次筋、1次筋の上に後から配筋する鉄筋を2次筋
と呼び、たいてい構造図の伏図などに記載されているので事前に確認して
おくことをオススメしますよ。

 

また

9割の現場では、建物の長手方向が1次筋方向なのですが、
短手方向が1次筋方向である建物も実際にいくつか経験したことが
ありますからね。

 

あっ!そうそう

うっかりミスを防ぐために過去にこんな記事を書いていたので
合わせて読んでいただくと効果的ですよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. クレーンや工事用エレベーターを設置したら遅滞なく表示するべきもの

  2. 施工計画書の裏側!検査方法で重要なのは合格基準?それとも?

  3. 杭工事で案外やりがちな○○の検討不足で自分の首を締めるとは?

  4. 足場の風荷重の算定方法とは?(3)壁つなぎの検討

  5. 杭頭補強筋を溶接する前にやっておくべきたった1つのこと。

  6. 捨てコンクリートの数量が計画通りに収まらない3つの理由とは?

  7. ロングスパンエレベーターの前養生について個人的に感じること

  8. 鋼管杭の特徴とは?既製杭や場所打ち杭に比べてどうなの?(3)

  9. 鉄筋のスペーサーは部位ごとに事前に仕様を打合せた方が良い理由(1)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー