鋼矢板が施工を苦手とする地盤は砂質層、粘土層、礫層、それとも?

Sponsored Links

 

鋼矢板(シートパイル)は止水性のある山留め材として
1番ポピュラーな工法であると私は考えている。

 

しかし

1番ポピュラーな工法ということは、様々な場所で使用されるので
その土地々々の地層を考慮しなければいけないのが現実。

施工する地域自体がいつも限られていて地層なんていつも同じ。
という人はほとんど稀であると感じるので、9割の人は行く先々の
地層と格闘しなければイケないだろう。

 

そこで

鋼矢板に関して、どのような地層が1番適しているのだろうか?

について今回はお伝えしていく。

 

まず

私が1番適していると考えるのは砂層である。

なぜなら、シートパイルの圧入がしやすいだけでなく、
鋼矢板の引抜き時においても、しっかりと水締めを行えば
1番周辺地盤に悪影響を及ぼす可能性が少ないから。

 

次に

適していると私が考えるのは粘土層である。

なぜなら、圧入はしやすいが、引抜き時に地中の土を
一緒に引っ張り出す可能性が高く、周辺地盤に悪影響を
及ぼす可能性が高くなるからである。

 

最後に

1番適さないと考えているのは礫層や転石の多い層である。

なぜなら、山の中の工事であればバイブロハンマーなどで
振動を掛けて打設することも可能で有るかもしれないが、
一般的に街中の工事であれば、不必要な振動や騒音の起きない
サイレントパイラーでの圧入が一般的であるからだ。

 

すると

地中に、レキや転石があると「割る」ことも「逃がす」事もできず
ひたすら障害物の上を「コンコン」と叩き続けるだけの結果になる。
そして、工事はこれ以上進まないという事態になる。

 

その結果

地中障害の撤去工事や先行掘削による障害物の除去などが
行われるため、余計やコストと時間を費やしてしまう。

 

だから

山留めの計画時に、地層をよく確認することは、結果的に
「手戻り工事」の抑制につながるよ。

ちなみに、先行掘削については、後日また記事にする予定。

 

つまり

鋼矢板が苦手とする地盤は礫層や転石の多い地層である。
特に、街中の工事でサイレントパイラーで鋼矢板をしている場合は
礫層や転石を貫通することが非常に困難なので、予想される場合は
先行掘削を行うことも視野にいれるべきである。

 

ただし

先行掘削を行うとその分余計な費用が発生するので、
山留めの工法の検討自体も含めて1番メリットのある施工方法を
選ぶようにしたほうが良いね。

更に、こちらの記事も合わせて読むと効果的だよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 建設工事計画届(88条)は工事着手の最初の難関

  2. 既製コンクリート杭の施工計画書には何を記載すべきか?(3)

  3. 契約図書と実際に施工する設計図書で実際にあった罠とは?

  4. 常駐型のクレーンの計画を行う時についつい忘れがちな事とは?

  5. クレーンや工事用エレベーターを設置したら遅滞なく表示するべきもの

  6. 敷地境界の測量を初めに行うべき3つの誤差の話とは?

  7. 自立式山留め工法の変位の計測結果の最も効果的な表示方法とは?

  8. 杭頭補強のパイルスタッド、NCPアンカー、中詰め補強筋工法について

  9. 既製コンクリート杭の施工計画書には何を記載すべきか?(4)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー