鋼矢板で先行掘削をした時の私の犯した過去の失敗例とは?

Sponsored Links

 

「この地層は礫層や転石が多いので大変ですよ」

と山留めの専門業者から助言を頂いた。

しかも、1社だけでなく複数社からの助言を頂いたので
先行掘削をして転石等を除去する必要があると感じて、
当初無かった予算にも入れ込み、工程も調整を行った。

 

おかげで

山留工事自体は非常にスムーズに進んだのである。
別に、スムーズに済んだのであれば記事にする必要はない。
問題は、山留施工後の掘削の時点で発生したのである。

 

実は

掘削を完了させると、自立式の山留めが許容値以上の変位を見せたのだ。
許容値以上と言っても倒壊してしまったり、周囲に陥没が出来るレベルでは
無かったのだけどね。

 

そこで

原因をいろいろ追求していると、山留め全体が移動しているフシがある。
というのは、鋼矢板の足元と先端では予想より傾斜していないから。

「あれっ?やばいかも」

という事態になり、慌てて山留めの変位がこれ以上増大しないように、
耐圧盤と山留めの間に変形防止の補強コンクリートを打設すると
翌日からの変位の変化は無くなった。

 

あとで

当時ちょうど首都圏から来た所長にその話をすると

「先行掘削をした場合は、地層が緩むから山留めの先端部分を
注入して固めてしまうんだよ」

と言われたことを今でも覚えている。

今まで鋼矢板の先行掘削なんてしたこと無かったし、
先行掘削をすることによるリスクなんて知らなかった。

 

知らないって怖い!

とつくづく感じさせられた出来事だったよ。

 

もしも

あなたが鋼矢板の先行掘削を計画しているなら
今回の記事を参考に、社内や専門業者と入念に打合せを
しておくことを強くオススメするよ。

そうでないと、私はわざわざ失敗をみんなの前に
さらけ出した意味が全く無いからね。

 

つまり

鋼矢板で先行掘削をした時の私の犯した過去の失敗例とは、
先行掘削した地盤が緩んだままで鋼矢板を打設してしまったため
当初の解析値よりも山留めのたわみが増加をしてしまったこと。

 

結局

知らないという事は、少しの失敗をより大きなものにするのだ。
と言うことを思い知らされた一件だったよ。

でも、失敗するって言うことは私は悪くないと考えている。
失敗は成功のもと。そんな勢いで進まないとつぶれてしまいそうだよ。

あっそうそう。過去にこんな記事も書いているので
合わせて読んでみよう。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 大型のトラッククレーンを使用した時に失敗した3つの事例とは?

  2. 杭材料を信じるな!思い込みが産んだ危機一髪な出来事(1)

  3. 高強度せん断補強筋の加工間違いは現場で直す事が出来るか?

  4. 耐圧盤付きの地中梁を2回に分けて打設する場合に失敗しがちな例とは?(1)

  5. 建物位置の縄張りを行なうことで確認できる3つの事とは

  6. 建設現場で掘削時の湧き水を排水する場合は臨時排水の申請が必要?

  7. 柱リストで最初にチェックすべき現場で忘れがちなポイントとは?

  8. 地下水位の高い現場で山留めを計画する時に留意すべき事とは?

  9. 建築現場で家屋調査を省略した結果の悲劇とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ