クレーン作業を悪天候で中止する勇気はあなたに有るか?

Sponsored Links

 

悪天候だからと言って、
あなたは簡単にクレーン作業を止めさせられるかな?

せわしなく現場を動き回る作業員さんたち。
迫り来る工期と、作業変更に伴う途方もない労力。
考えただけで頭が痛くなる様な状況を目の前に、
いさぎよく「中止」を決断できる人は多くはないはず。

 

しかし

あなたが作業を中止しなかったがために
作業員さんが死亡してしまったら。
一体、あなたはどのように感じるだろうか?

 

今回は

そんな私の偶然、危機一髪の話をお伝えする。

 

それは

ある夏の日の出来事だった。

私の現場は鉄骨工事の真っ最中、作業員さんがせわしなく動いていた。

 

すると

遠くの方から雷鳴が聞こえてきた。
でも、まだ現場は晴天のまま。作業は継続していた。

次第に、雷鳴が聞こえてきた方の空が曇ってきた。
「夕立かな?」と私はひそかに呟いていた。

 

それから

少しずつではあるが、雷の光ってから音がなるまでの間隔が
短くなってきていたが、まだ現場からはずいぶん離れていた。

 

しかし

雷鳴の間隔が短くなってきて、胸騒ぎを覚えた私は
作業員さんたちに「作業中止」の打診をした。

 

なぜなら

周りにこれといって高い建物がない状態でクレーンの
ブームが延びていれば危ないと感じたから。

 

でも

現場は、まだ雨も降っていないし悪天候でも何でもない。

 

当然、みんなからは

「まだまだこのくらいは大丈夫」

という答えが返ってきたが、それでも半強制的に作業を中止した。

 

そして

作業員さんたちがブツブツ言いながら休憩室でなだめていたその時、

 

「ピカッ、ドカーン!」

 

と、現場から数百メートルの地点に雷が落ちたのだ。
しかも、作業中止したわずか5分後のことだった。

休憩室は、雷鳴に反して静まり返っていた。

 

きっと、そのまま作業をとしていたらどうなっていたか?
を、個々に想像していたに違いない。

「良かった…」

と呟いた私の言葉に、その場にいた全員が頷いたのだった。

 

つまり

私が悪天候でクレーン作業を中止して良かったと感じたことは、
作業を中止した5分後に、雷が近くで落ちたこと。

「あの時に中止しておけば良かった」

と後悔しても遅いからね。私も後悔したくないから、
自分の中でヤバイと感じたら作業を中止するようにしているよ。
自然の力には勝てないなと悪天候時にはいつも無力さを感じるね。

 

更に

現場での事故を防ぐには「小さな気づき」が大切。
先程の雷の話も雷鳴の動きを気にしなかったら大事故につながっていた。
だから、気付く事って非常に大切なのでこちらの記事も合わせて読んでね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 杭工事の施工の品質確保について考えて置かなければいけないこと

  2. 捨てコンクリートの数量が計画通りに収まらない3つの理由とは?

  3. 根切り計画図を作成する上での3つのチェックポイントとは?

  4. 建築現場で基礎工事時の雨上がりに確認すべき3つのこと

  5. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(7)

  6. 掘削工事計画図を作成時に想像しておくべきこととは?

  7. 埋め戻しの工程写真において特に注意しなければいけない事とは?

  8. コンクリートの打設後の墨出しで距離も角度も合わない!どうする?

  9. ロングスパンエレベーターのステージについて計画時に検討すべき内容

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー