図面の事で先輩が厳しいのは理不尽なことなのか?という悩み

Sponsored Links
/* */

 

いろいろな事を教えてくれる先輩ってありがたいですよね。
しかし、教え方は人それぞれで合う合わないってありますよね。

 

ちなみに

このブログには誰にも相談できないので取り敢えずネットで
探して辿り着きましたという人が非常に多いよ。

 

そこで

教えてくれた先輩の教え方が厳しく理不尽に思えてしまう。
という方からのお悩みを紹介します。

 

141755 kさんからの質問
はじめましてkと申します。
現在電気工事士の見習いとして2現場目で勤務しています。
図面が読めないので検索したところこのHPにたどり着きました。
図面のことやら先輩が厳しい?(理不尽)なこともあります。
そういったところが解決できたらいいなと思っています!
よろしくお願いします。

 

---- 回答 ----
kさん。
こんばんは。TMです。
お問い合わせありがとうございます。早速回答させて頂きます。

図面のことやら先輩が厳しい?(理不尽)なこともあります。
そういったところが解決できたらいいなと思っています!

 

私の率直な感想は、多少理不尽な所があったとしても「教育」しようと先輩が考えているんだろうな。とは感じました。

当然ながら、kさんが20代で先輩が年が離れていれば、世代間の感覚のギャップは多いことでしょう。実際に私自身の教え方が正解なのかは自問自答しても解決しませんからね(笑)。

それは、先輩たちが育ってきた環境が「仕事は背中を見て盗め」、「下の人間が雑用をしろ」みたいなかんじだったと想像するので、今の環境とかけ離れているからです。

そう言えば、過去にこんな記事も書いてました。

↓  ↓  ↓

 

だから、「厳しい」のは、先輩の虫の居所が極端に悪くなければ「レベルの高い理想像」まで、kさんを引き上げてくれようとしていると考えてはどうでしょうか?

「理不尽」なのは愛嬌です。あからさまに先輩の上司の顔色を伺って部下に理不尽な振る舞いをするのでなければ、多少の理不尽は「個性」だと受け止めて時には流してしまってもいいのではないでしょうか?

 

そして、先輩と上手くやっていくには積極的にコミュニケーションを取っていけば良いと感じますよ。仕事上でも分からない所があればドンドン聞いていけば、厳しい先輩なら「自分の考え」がきっとあるはずですから回答してくれると私は考えます。

ただし、最低限のルールは必要なのでこちらの記事を参考にしてくださいね。

↓  ↓  ↓

それでは。

 

最初は、先輩がどんな想いで教えていくれているのか分からない。

 

そして

先輩の教え方のスキルがどんなものかも分からない。

 

更に

同じ教え方でも受け取り側は千差万別。

このような状況が、実際の現場では非常に溢れてます。

みんな「伝えよう」「教えてもらおう」という気持ちがあっても
やり方が違うだけで全く逆の印象になってしまうこともあります。

 

もしも

あなたが「教える立場」としてこの記事を読んでいたなら
こちらの記事も合わせて読むと効果的ですよ。

↓  ↓  ↓

banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 現場で持病などで体調が悪化したらどうするか?という悩み

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

  3. 現場代理人でやっていくには失敗を多くして欲しい3つの理由とは?

  4. 初めて現場代理人に選任されたがやり遂げる事が出来るのか?という悩み

  5. 施工計画書の雛型はどのサイトで公開されているのか?という悩み

  6. TMが評価する人と評価しない人のほんの少しの差とは?

  7. 「先輩の姿を見て学べ」は新入社員にとっては悩み以外の何物でもない!?

  8. 基礎生コン拾い出しが何度やっても積算の数字に近くならない悩み

  9. 会社の上げた利益は株主に還元されるけど社員には還元されない怒り

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. 鉄骨工事の中で自然と行われている「環境的な配慮」とは?

    2023.04.10

  2. 鉄骨の製品検査に工事監理者さんを連れていくのは当たり前なのか?

    2023.04.03

  3. 鉄骨工事の工事現場施工要領書に関するチェックのポイントとは?(…

    2023.03.27

  4. 鉄骨工事の工事現場施工要領書に関するチェックのポイントとは?(…

    2023.03.20

  5. 鉄骨工事の工事現場施工要領書に関するチェックのポイントとは?(…

    2023.03.13

  1. 一級建築士の資格勉強を始める時期はいつからか?という悩み

    2020.08.07

  2. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  3. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  4. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ