足場の風荷重の算定方法とは?(4)壁つなぎの検討2

Sponsored Links

 

[mathjax]

風荷重の検討も今回で第4段。

今までの記事を読んでいないあなたは
初めの記事から読むことをオススメする。

 

前回は、一般部の風荷重における壁つなぎの耐力の検討を行った。
これで、9割は片付いたのであるが、残りの1割が厄介なのだ。

 

それは

どういうことかというと、残りの1割の検討はかなりの確率で
「NG」が出るということ。

せっかく、時間を掛けて検討をしたのに最後の最後でNGが出ると

 

「え~!最初からやり直し?」

 

と一気にやる気まで吹っ飛んでしまうよね。
検討結果がNGの場合に、検討し直さないといけないのが
構造計算の非常に面倒くさい所である。

 

しかし

今回の残り1割の検討部分は、全体の再検討を行わなくても良い。
という確率が高いので安心して欲しい。

 

まずは

「残りの1割の検討って何をするの?」

という話だけど、一般部以外の上層から2段分の検討をする。
つまり、最上段の壁つなぎの検討という訳であり、下図のようになる。

 

asibajoubu

図:最上端の壁つなぎの概略図

単位面積$((m^{2})\) 当たりの風圧力\(p_{1},p_{2}\)は、前回までに求めた 値を採用する。
\(p_{1},p_{2}\)から、それぞれ作用風圧力\(P_{21}, P_{22}\) をそれぞれ求める。
壁つなぎの設置スパン\((l)\)、、階高\((h_{1})\)、先端から最上端の壁つなぎまでの距離は\((h_{2})\)であるので

$$ P_{21} = p_{1} \times h_{2} (N) $$
$$ P_{22} = p_{2} \times h_{1} (N) $$

となる。そしてA点まわりのモーメントのつり合いから
壁つなぎの支点圧力\((R)\)を求める式は

$$ R \cdot h_{1} = P_{21} \cdot (h_{1} + \frac{h_{2}}{2} ) + P_{22} \cdot (\frac{h_{1}}{2}) $$

より

$$ R = \frac{ P_{21} \cdot (h_{1} + \frac{h_{2}}{2} ) + P_{22} \cdot (\frac{h_{1}}{2}) }{h_{1}} $$

が壁つなぎの許容耐力\(f(_{k})\)と比較する。

ここで、壁つなぎの許容耐力\(f(_{k})\)以下であれば検討は終了。

 

だけど

ほとんどの場合はNGになってしまうはずなので、別の方法を考える。
それは、単管パイプを使用して方杖にして補強してしまう。という方法。

やり方を記入していくと、とっても大変なので私の作成したシステムから
出力される帳票の3.3.4の章をご確認いただきたい。

↓  ↓  ↓

風荷重の検討結果サンプルPDF

 

更に

仮設構造計算システムの無料ダウンロードはこちらから

↓  ↓  ↓

 

仮設

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

  2. 杭の剛接と半剛接って何?実は、現場の苦労は大違いの理由とは?

  3. 小梁が芯ズレした時は連続端にすべきか?それとも?

  4. 鉄筋屋VS設備屋!?スラブ筋とスリーブを巡るそれぞれの言い訳とは?

  5. 壁の開口補強筋の7割は意図が不明!とTMが感じる理由とは?

  6. 鋼管の納期はいつ?杭工事の工程に絡む納期の話とは?

  7. 防湿層は埋め戻してから敷けば良いのか?断熱材を割らずに敷くには?

  8. 鋼矢板の引抜きはサイレントパイラーか?バイブロハンマーか?

  9. 掘削工事における釜場排水工法は水中ポンプの故障が命取り

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. ガス圧接の最大の品質管理のポイントは切断面だった?

    2020.05.27

  2. ガス圧接の常識は縮むこと!常識が引き起こす3つの弱点とは?

    2020.05.25

  3. ガス圧接可能なのはどれ?異種、異径、ネジ鉄筋、高強度、製造所違い

    2020.05.22

  4. ガス圧接のふくらみは何故必要?覚えておくべき品質管理の重要数値…

    2020.05.20

  5. ガス圧接有資格者はどこで経験を積むのだろうか?という想像

    2020.05.18

  1. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  2. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  3. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ