埋め戻しの工程写真において特に注意しなければいけない事とは?

Sponsored Links

 

埋め戻しの時期って次の上階の工事の計画や段取りがあったり、
ステップ毎に工事写真を撮らなくてはいけなかったりして、
撮り忘れや不備な写真が出来やすい。

 

そこで

ありがちな工事写真の失敗をお伝えする。

 

まずは

出来るだけ負担を描けずに工程写真を撮りたい。
または、負担を掛けさせずに写真を撮らせてあげたい。
という人たちが起こす間違いである。

 

それは

写真の撮っている場所は段階的に埋め戻しをしているが、
周りが全く埋め戻しが出来ていないとか、
逆に、周りが全て埋まっていて、そこだけまだとか、
冷静に考えたら「何かおかしくない?」と言うような
状況が写っている場合。

 

別に

あなたがしっかりと説明が出来れば良いけど、
なかなかきちんとした説明にはならないよね。

 

だから

もしも、先程の状況で撮らざるを得ない場合は、
どこまで周囲が写ってしまうか?を確認しよう。
そして、上手に撮ってね。

 

次に

先程の項で、まとめて撮ったら問題になりやすい。
と言われて、段階通りに写真を撮っていて、
忙しくて撮り忘れても問題になる。

厳しい工事監理者になると、1枚でも工程が抜けていたら、
工程写真として不採用という人もいるからね。

 

だから

作業員さんとのコミニュケーションを日頃から
密にとっておくことが重要だよ。

 

最後に

後で問題に成りやすいのが「梁底」。

あなたは、どうせ埋め戻すからと言って、
安易に梁底のサポートを外していないかな?

そんな写真が残ってしまうと後で問題になりやすい。
でも、逆に梁底の型枠が残っていても「木材」を
放置したままだ。と言われることも。

 

なので

事前に工事監理者に確認をとって指示を仰ごう。

 

つまり

埋め戻しの工程写真において特に注意しなければいけない事とは、

  • 工程写真を撮影している周りが全然埋め戻しをしていない。と言うような不自然な状況になっていないか?
  • 工程の順序通りにステップを踏んで撮影しているか?
  • 周りに梁底の支保工が無くなっていて不自然に浮いているものや、埋め戻しを行う場所にゴミが写っていないか?

をしっかりと確認しておこうね。

 

もしも

工程写真のどこかに写ってはいけない物が入っていると、
最悪の場合は、一連の工程写真丸ごとボツになるから気を付けよう。
せっかくの努力を無駄にしないために。

あっそうそう、工事写真については他にも
こんな記事を書いているので参考にしてみてね。

↓  ↓  ↓

banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 鉄筋のかぶり厚が足らないと起こりうる建物崩壊につながる問題とは?

  2. 掘削工事における釜場排水工法は水中ポンプの故障が命取り

  3. 施工計画書の裏側!添付資料はあなどるな!検査であせった出来事とは?

  4. 測量用のベンチマークをどこに設置するかと言う問題

  5. 基礎のベース筋のかぶり厚さを杭頭から確保すべき理由とは?

  6. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(公称直径、断面積編)

  7. 自立式山留め工法において変位の管理が最重要である理由とは?

  8. 鉄筋のスペーサーは縦向きか?横向きか?充填性と強度の矛盾について

  9. 根切り計画図を作成する上での3つのチェックポイントとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー