埋め戻しの工程写真において特に注意しなければいけない事とは?

Sponsored Links

 

埋め戻しの時期って次の上階の工事の計画や段取りがあったり、
ステップ毎に工事写真を撮らなくてはいけなかったりして、
撮り忘れや不備な写真が出来やすい。

 

そこで

ありがちな工事写真の失敗をお伝えする。

 

まずは

出来るだけ負担を描けずに工程写真を撮りたい。
または、負担を掛けさせずに写真を撮らせてあげたい。
という人たちが起こす間違いである。

 

それは

写真の撮っている場所は段階的に埋め戻しをしているが、
周りが全く埋め戻しが出来ていないとか、
逆に、周りが全て埋まっていて、そこだけまだとか、
冷静に考えたら「何かおかしくない?」と言うような
状況が写っている場合。

 

別に

あなたがしっかりと説明が出来れば良いけど、
なかなかきちんとした説明にはならないよね。

 

だから

もしも、先程の状況で撮らざるを得ない場合は、
どこまで周囲が写ってしまうか?を確認しよう。
そして、上手に撮ってね。

 

次に

先程の項で、まとめて撮ったら問題になりやすい。
と言われて、段階通りに写真を撮っていて、
忙しくて撮り忘れても問題になる。

厳しい工事監理者になると、1枚でも工程が抜けていたら、
工程写真として不採用という人もいるからね。

 

だから

作業員さんとのコミニュケーションを日頃から
密にとっておくことが重要だよ。

 

最後に

後で問題に成りやすいのが「梁底」。

あなたは、どうせ埋め戻すからと言って、
安易に梁底のサポートを外していないかな?

そんな写真が残ってしまうと後で問題になりやすい。
でも、逆に梁底の型枠が残っていても「木材」を
放置したままだ。と言われることも。

 

なので

事前に工事監理者に確認をとって指示を仰ごう。

 

つまり

埋め戻しの工程写真において特に注意しなければいけない事とは、

  • 工程写真を撮影している周りが全然埋め戻しをしていない。と言うような不自然な状況になっていないか?
  • 工程の順序通りにステップを踏んで撮影しているか?
  • 周りに梁底の支保工が無くなっていて不自然に浮いているものや、埋め戻しを行う場所にゴミが写っていないか?

をしっかりと確認しておこうね。

 

もしも

工程写真のどこかに写ってはいけない物が入っていると、
最悪の場合は、一連の工程写真丸ごとボツになるから気を付けよう。
せっかくの努力を無駄にしないために。

あっそうそう、工事写真については他にも
こんな記事を書いているので参考にしてみてね。

↓  ↓  ↓

banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 基礎のベース筋のかぶり厚さを杭頭から確保すべき理由とは?

  2. 杭頭補強のパイルスタッド、NCPアンカー、中詰め補強筋工法について

  3. 鉄筋のあきの最小値にコンクリート粗骨材寸法が基準にある理由とは?

  4. 杭汚泥を自ら利用しようとする場合に役所により見解の違う事とは?

  5. 地下水位が床付け深さより高い地盤の掘削時の注意ポイントとは?

  6. 耐圧盤付きの地中梁を2回に分けて打設する場合に失敗しがちな例とは?(1)

  7. 施工計画書と施工要領書と作業手順書の違いを理解しているか?

  8. 道路使用許可を申請する時に自治体で違うと感じる2つの事とは?

  9. 建築現場で型枠支保工用の足場を組んだ時の失敗例とは?(2)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ