重ね継手の2つの素朴な疑問にあなたは答える事が出来ますか?

Sponsored Links

 

鉄筋継手の基本中の基本である重ね継手。
壁やスラブなどでは当たり前に使用されている工法ですね。

 

それでは

「重ね継手は密着させなくてもよいのか?」

「重ね継手は上下が左右どちらに重ねるべきか?」

あなたはこの2つの素朴な疑問に答えることが出来ますか?

 

もしも

あなたが「簡単だよ」と感じるのであれば、今日の記事は
これ以上読まなくても良いですが、本当にそれは正しい知識でしょうか?
不安なあなたはこの先を読み続けて見ましょう。

 

まず

「重ね継手は密着させなくてもよいのか?」

ですが、下階の壁の差し筋に継ぎ足して、次の階の壁筋を組む時に
差し筋が本当に定められたピッチ通りに組み立てられていれば良いけど
実際には、200ピッチの中に、160だったり180だったりが混ざっている
ということも良くある場面だと私は感じています。

 

しかし

下階からの差し筋のピッチが乱れているときに、その乱れた差し筋ピッチに
合わせて上階の壁筋を組むべきか?上階は正しいピッチで組むべきか?
について悩むことになります。

 

それは

下階の差し筋と上階の差し筋が密着しない状態だからです。
多少の台直しで対応できる場合は良いかも知れませんが、
もしかして、下階は150ピッチ、上階は200ピッチと異なる
という場合も時にはあるはずです。

今回の質問は、そんな場合はどうしますか?というといかけです。

 

実は

重ね継手は、密着させるようにするのが原則ですが、
継ぎ手の鉄筋同士が密着していない状態である場合でも
それぞれの鉄筋が所定の長さを確保できていれば
品質上問題ないことが確認されています。

 

だから

無理に傾き1/6以上の台直しをして差し筋を補正する必要はありません。

 

次に

「重ね継手は上下が左右どちらに重ねるべきか?」

については、先程の問題が理解できていれば簡単ですよね。

 

答えは

重ね継手が密着していなくても性能が確保できているなら、
上下だろうが、左右だろうが関係ないのです。

 

だから

配筋時は、他の「あき寸法」や「かぶり寸法」が確保しやすい
方向で重ね継手を行えば問題ないのです。

 

最後に

鉄筋コンクリート造配筋指針・同解説第5版 [ 日本建築学会 ]」の該当部分を確認して下さい。

 

ii)重ね継手の相互の鉄筋は,密着させるのが原則であるが,解説図6.7に示すあき重ね継手も同等に有効であり,スラブ筋・壁筋などで,隣接するパネルあるいは階により鉄筋の間隔が変わる部材などに用いてよい.

解説図6.7 あき重ね継手

 

ⅲ)重ね継手は,水平重ね・上下重ねのいずれでもよい〔解説図6.8 〕.

 

解説図6.8 水平重ね・上下重ね

 

つまり

鉄筋継手の基本中の基本の重ね継手の素朴な疑問

「重ね継手は密着させなくてもよいのか?」

については、密着させるのが原則だけどあき重ね継手でも
同様の効果を得られることが確認できているので良い。

 

「重ね継手は上下が左右どちらに重ねるべきか?」

については、上下・左右どちらでも良い。

という回答です。

 

しかし

素朴な疑問というのは、普段は深く考えることなく仕事を進めて
いることが多いため、改めて聞かれるとつまづいてしまうことが
実は意外と多いと私は感じています。

 

そして

素朴な疑問につまづくのは経験を積んだベテランの方が
実は多いかもしれませんね。

何故かって?それはこちらの記事にヒントがありますので
合わせて読むと理解がより深まりますよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 敷地境界の測量を初めに行うべき3つの誤差の話とは?

  2. 梁筋のカットオフ筋で後悔しない為に確認すべきたった1つのこと

  3. 一級建築士の試験にも出る!コンクリートの調合条件とは?

  4. 境界際の山留めは引き抜くか?埋め殺しか?それが問題だ!

  5. 鉄筋の溶接継手で特記仕様書・施工計画書で確認すべき9つの内容

  6. 既製コンクリート杭の溶接継手で一番大切だと教えられたこととは?

  7. 元警察関係者が語るダンプの安全上のチェックポイントとは?

  8. 埋め戻しの工程写真において特に注意しなければいけない事とは?

  9. あばら筋(スタラップ)のフックが135度である理由と有りがちな失敗とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. パラペットの立上り部を床と同時に打設するべき3つの理由とは?

    2020.10.30

  2. コンクリート打込み時の圧送工への4つの管理ポイントとは?

    2020.10.28

  3. コンクリート打設前日に清掃しても、直前にもう1度散水すべき理由…

    2020.10.26

  4. コンクリートの打込み終了までの時間は90分、120分で良いのか?

    2020.10.21

  5. コンクリートポンプ車の先行モルタルで覚えておくべき3つの知識と…

    2020.10.19

  1. 一級建築士の資格勉強を始める時期はいつからか?という悩み

    2020.08.07

  2. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  3. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  4. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ