ロングスパンエレベーターのステージについて計画時に検討すべき内容

Sponsored Links

 

敷地が広くてバルコニーのある建物に毎回当たる人は
この記事を読む必要はないね。

 

しかし

その様な条件の良い現場ばかりではないのが
建築現場の辛いところだよね。

 

では

敷地の狭い現場ではどのような工夫をしながら
ロングスパンエレベーターを設置しているか?
いくつか例をあげてみよう。

 

まずは

敷地が広い場合はロングスパンエレベーターの
1階部分にトラックの荷台の高さくらいで
ステージを組み立てることが多いはず。

 

もしも

敷地に余裕がない場合に、最初に省かれるのは
1階廻りのステージになってしまう。

 

次に

各階のステージを省かないと納まらない場合もあるよね。
現実的に、各階で材料を積み降ろしするために
最低限必要な設備は、リミットスイッチのついたゲートのみ。

 

だから

バルコニーがアルミ手すりなら、鼻先の溝の部分などに
ゲートのレールを無理矢理作って、ステージなしで
使用するというのも1つの手である。

建物が、前面道路いっぱいであれば、同じ様な状況が
度々発生する。

 

最後に

無理矢理ステージを作ったりすると、ダメ仕事が残る場合が多い。
そして、そのダメ仕事をどのタイミングで行うか?
をしっかりと計画時には把握しておかないと、
最後の最後で切羽詰まっているときに大変な思いをすることになる。

ただでさえ忙しいので大きなトラブルは出来るだけ
抱えたくないはずだからね。

 

いずれにしても

ロングスパンエレベーター自体をあきらめる訳にはいかないから
無理矢理でも、色んな案を出して行くことが重要だよ。

 

つまり

ロングスパンエレベーターのステージについて
現場の仮設計画時に検討すべき内容は、

  • 1階のステージを設けることが出来るか?
  • 上階にステージが設けることが出来るか?
  • 上階の取り込み部分の形状やダメ仕舞をどうするか?

を検討しておくべき。

 

特に

敷地が狭くて搬入ルートが限られている現場や、
工期のあまりない現場などでは、設置場所、設置時期とともに
解体時期も大きく影響を与えるので要注意だよ。

この当たりの考え方はクレーンについても言えるけどね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 柱・梁の断面算定の考え方と鉄筋の納まりの実態との差とは?(3)

  2. 防湿層は埋め戻してから敷けば良いのか?断熱材を割らずに敷くには?

  3. 地中梁が配筋中に転倒!?失敗しない為に考慮すべき事とは?

  4. 建築現場の土工事で床付け検査を行う時に確認すべき項目とは?

  5. 大型のトラッククレーンを使用した時に失敗した3つの事例とは?

  6. 建築工事で品質計画を理解して具体的に定めている人は1割以下?

  7. 建設工事計画届の作成のポイント【杭打設計画図】

  8. 乗入れ構台に乗り入れられない?計画時のチェックポイント(2)

  9. 試験杭で想定地盤と違っていたらどうする?支持層より低い場合(2)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  2. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  3. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  4. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  5. 鉄筋屋さんに対し、良く計算されていると感じる柱の主筋の長さの秘…

    2019.06.12

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ