ロングスパンエレベーターの前養生について個人的に感じること

Sponsored Links

 

ロングスパンエレベーターの前養生とは、
エレベーターに積んだ荷物などが落下したときに、
遠くへ飛散しないように、ロングスパンエレベーターの稼働する位置より
外部側へ単管パイプで組んでネットやシートを貼っている部分である。

 

そこで

私が何を思うか?と言うと

「メッシュシートを貼ることが当たり前と思うなよ」

ということだ。

 

具体的にいうと

ロングスパンエレベーターの前養生は基本的に
ネットを貼るのがセオリーであると私は考えている。

 

なぜなら

前養生は単管パイプで構成されており強風などに対して
強度的に弱いからである。

 

実際に

台風などの強風が吹いた場合は、前養生が風に押されて
変形することも多い。時には、エレベーター自体と接触するくらい
変形してしまうこともあるのだ。

 

だから

ネットを貼るのがセオリーと考えている。

 

しかし

近隣の状況でメッシュシートを貼らざるを得ない場合もある。
別に、私はメッシュシートを貼ることに反対はしないし、
自分自身、前養生にメッシュシートを張った現場もある。

 

何が不満か?というと

メッシュシートを貼ってあると言うことは
強風に対してもっともっと敏感になって欲しい。

 

自分でまずいと感じたら作業を止めるくらいの
勇気を持っていて欲しいということなのである。

「まぁ、大丈夫だろう」

「別に俺が言わなくても誰がが言うだろう」

「えっ?そうなの?知らなかった」

この辺りの発想がでてくると事故が起こりやすい状況だと
私は警告を鳴らしたいね。

 

つまり

ロングスパンエレベーターの前養生について個人的に感じること
とは、メッシュシートで前養生を行っている現場について、
強風などによる構造上は非常に弱いので、出来るだけネットのほうが良い。

 

しかし

近隣対策上、メッシュシートを貼らざるを得ない現場においては、
日頃から良く点検すると共に、強風の日の作業を中止する勇気は必至。

 

なぜなら

前養生の骨組みとロングスパンエレベーターの搬器が接触すれば
前養生が崩壊などすれば大事故につながる可能性が十分にあるから。

普段からこのような意識を持っていれば安心だけどね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(6)

  2. 再生砕石を使用する上で環境的に必ず知っておくべき事とは

  3. 高強度せん断補強筋の加工間違いは現場で直す事が出来るか?

  4. 杭頭補強筋を溶接する前にやっておくべきたった1つのこと。

  5. 試験杭で想定地盤と違っていたらどうする?支持層より高い場合(1)

  6. 試験杭で想定地盤と違っていたらどうする?支持層より低い場合(2)

  7. 型枠支保工の計算の不備から起きる最悪の状態とは?

  8. 仕様書通りでもどこかに違和感?防湿層はどのレベルに敷くのか?

  9. 鉄筋の定着と継手の定義と基本的な考え方を確認しておこう

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ