建築現場で斫り墨を出す前に検討すべき3つのポイントとは?

Sponsored Links

 

建築現場で良くある後ろ向きな仕事の代表といえば「斫り(はつり)」

出来れば0で行きたいけど、そんな理想的な現場に私は一度も
出くわした経験がないというくらい、切っても切れない関係。

 

そして

斫りを指示するのに現場に出すのが斫り墨。

 

しかし

あなたは斫り墨を出す前にどれだけ検討した?

と言うような話題が最近あったのでお伝えしよう。

 

それは

とある色んな地方の会社の人間が集まる雑談の中から始まった。

「墨出し屋を使っていると若い職員が墨通りにしか物が作れないんだよね。
ほんのチョットの調整で何とかなることも多いのに…」

という会話である。

 

確かに

実際に現場での部下からの相談事でも「それ斫らんでも良くない?」
と言うことはいくらでもある。

  • サッシの出入りや振り分けを少し調整する。
  • タイルの目地やシール代を調整して納める。

などなど、たった3~5mm程度を調整しても斫りが無くなることもある。

 

だから

そもそも「斫るべきなのか?」について検討することは非常に重要。
その為には、まずは自分で色々試して失敗してみないとね。

 

次に

当然といえば当然だけど、「斫り」の後は「塗り」が来る。
そして、塗った所と元々の躯体の界面は剥離しやすい。

 

例えば

防水などの水切りのヌスミ(欠き込み)を忘れた時などは、
少し大きめに斫って、後からモルタルで形を整えると、
塗ったモルタルの界面からクラックが出て水が回りやすい。

せっかく、水の侵入を防止する為に設置している水切りの裏から
水が回って漏水の原因を自ら作ってしまうという本末転倒の事態に、
なってしまう危険性があるから。

 

だから

斫りを行う前に、後で塗らずにコンクリートカッターのラインを
そのまま活かすように作業してもうことも時には必要だよ。
あらかじめ言っておけば、それなりのラインに仕上がるからね。

 

最後に

斫りを行う上で、色々文字を書き込むことってあるよね。
その文字はチョークだったり、マジックだったり、
書き込み場所によってケースバイケースであると感じるけど、

斫った後に文字がどうなるか?

って少し考えた方が良いかも?

 

例えば

お客さんや会社の偉い人が現場を歩いていて
目立つように「30mmハツリ」と文字が残っていたままなら、

「どうしたん?何か間違えたの?」

と余計な詮索をされてしまうからね。

斫った後に確実に消えてしまう所に説明の書き込みをしたほうが、
後から「恥ずかしい思い」をしなくて済むからね。

 

つまり

斫り墨を出す上で検討すべき3つの注意点とは、

  • そもそも斫るべきなのか?
  • 斫って塗らない方が良い所は無いか?
  • 斫りの書き込みは、作業終了後にどうなるのか?

を注意すると劇的に変わるよ。
あくまでも斫りは後ろ向きの仕事なので、
上手に調整を行って少なくしたいと私は感じている。

 

ちなみに

人間が出す墨は「誤差」があって当たり前。
その誤差を上手く処理できるかが、現場監督の手腕の見せ所だよ。

↓  ↓  ↓

 

あっ

あなたがレーザー墨出し器に興味があるなら
こちらの記事も確認してみてはいかがでしょうか。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

  2. 柱と梁が同面でも勝手に配筋をしてはイケない理由とは?

  3. ガス圧接の最大の品質管理のポイントは切断面だった?

  4. 場所打ちコンクリート杭の最大のメリットと昨今の品質問題について

  5. 鉄筋を「継ぐ」にも等級があった!一般的なガス圧接継手の等級は?

  6. 鉄筋のかぶり厚さが確保できていれば極端に大きくても良いのか?

  7. 足場の風荷重の算定方法とは?(4)壁つなぎの検討2

  8. クレーンや工事用エレベーターを設置したら遅滞なく表示するべきもの

  9. 基礎のベース筋のかぶり厚さを杭頭から確保すべき理由とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. ガス圧接の最大の品質管理のポイントは切断面だった?

    2020.05.27

  2. ガス圧接の常識は縮むこと!常識が引き起こす3つの弱点とは?

    2020.05.25

  3. ガス圧接可能なのはどれ?異種、異径、ネジ鉄筋、高強度、製造所違い

    2020.05.22

  4. ガス圧接のふくらみは何故必要?覚えておくべき品質管理の重要数値…

    2020.05.20

  5. ガス圧接有資格者はどこで経験を積むのだろうか?という想像

    2020.05.18

  1. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  2. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  3. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ