乗入れ構台を計画する前に検討するべきたった1つのこと

Sponsored Links

 

敷地いっぱいに建物が建つから基礎工事は
乗入れ構台を計画しなければいけないな。

と言う場面で、ぜひ私は

本当に乗入れ構台が必要か?

ということを検討して欲しい。

 

なぜなら

乗入れ構台を計画することによって、
基礎工事の作業効率の低下や、
単純にコストアップにつながるから。

 

例えば

工区を区切って施工する場合は、
施工順序を変更することにより
クレーンの設置位置を確保できないか?

 

とか、

未掘削の部分をヤードとして活用して、
掘削時に、残土を先行工区の埋戻しに転用できないか?

など、出来る限り検討してから計画して欲しい。

 

そこで

「あ~、どうしてもこの時期からこの時期までは必要だ」

という時に、本格的な計画に入って欲しい。

「TMさんって、単なるケチなんですか?」

そういう質問が飛んできそうだけど、
私がこの記事で、最もお伝えしたかった事は

「ただ何となく乗入れ構台を計画してほしくない」

ということ。

 

具体的には

何となく敷地いっぱいに建物が建つから乗入れ構台だ。
とりあえず、業者に図面を書かせよう。
よし、業者からの図面が上がってきたからこれで実行しよう。

という仕事の進め方をする人が意外に多いから、
別に乗入れ構台に限ったことではないけどね。

 

そこで

「で、実際いつからいつまで必要なの?」

と私が聞くと、途端に黙ってしまう人が多い。
返事があっても、

「それは基礎工事の間は必要でしょう」

という答えが帰ってくるので

「具体的に、どの作業が始まる前から、どの作業が終わるまで?」

と聞き返すと、返事が返ってくることは少ない。

 

結局

あなたの計画1つで、現場の「工程」も「収支」も
大きく良くもなるし、悪くもなるということ。

 

あなたが周りに与える影響って、
実はあなた自身が感じている以上に大きいので
しっかりと責任感をもって計画をしてくれると私は嬉しいよ。

 

つまり

乗入れ構台を計画する前に検討するべきたった1つのこととは、
本当に「構台が必要か?無くても出来ないか?」を検討する事。

 

なぜなら

乗入れ構台を計画することで、全体工期にも影響があるし、
コスト的にも掛かってしまうので、乗入れ構台を計画する場合にも、
出来るだけ作業効率の良い施工計画を心がけると効果的。

 

更に

合わせてこちらも確認すると、より間違いのない施工計画が
出来ると私は感じるよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 建築現場で材料置き場を見れば業者のレベルが分かるという理由

  2. 既製コンクリート杭の高止まり、低止まりに備えよう

  3. 地中梁のカットオフや継手位置は本当に正しい?私のヒヤリ事例とは?

  4. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(何故必要か?)

  5. 建築工事を進める上で仮囲いはいつまで必要なのか?基準は?

  6. 建設工事計画届の作成のポイント【表紙~工程表

  7. 鉄筋継手の工法が鉄筋のあき寸法の最小値に及ぼす影響とは?

  8. 枠組足場の妻側には巾木が必要ですか?という質問

  9. 既製杭は打設順序はなぜ番号順でなく飛び飛びに打設するのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  2. 鉄筋屋さんに対し、良く計算されていると感じる柱の主筋の長さの秘…

    2019.06.12

  3. 柱リストで最初にチェックすべき現場で忘れがちなポイントとは?

    2019.06.10

  4. 柱筋のかぶり厚さは地上と地中とどちらを優先させるか?

    2019.06.07

  5. 柱筋の脚部の折り曲げ長さが150である意外な理由とは?

    2019.06.05

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (57)
  • 工種別の管理ポイント (323)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ