山留め工事計画図の作成時にまず確認すべき事とは?

Sponsored Links

 

山留め工事の計画は慎重に行う必要がある。

 

なぜなら

山留めの計画や施工中の管理が適当であると
山留め自体が崩壊する恐れがあるから。

 

まず

地下水位の高いところでの掘削作業があったり、
地下階があったり、近隣家屋などが近接している場合には、
山留めを計画する必要があるのだけど、
具体的な工法については今回述べないが、

全ての山留め工事の計画を行う前に、
構造計算を行って安全性を確かめる必要がある。

 

だから

今までの感覚で同じようにやってしまうと、
失敗する恐れがあるのだ。

 

実際に

私も同じような掘削深さで同じように鋼矢板を打設したけど
地盤の状態が今までの感覚と違っていることにより、
想定以上の山留めの変位になってしまったことがある。

 

つまり

経験だけを頼りにしないで、きちんと構造計算書を
確認することが非常に大切であるということ。

「そんなこと言っても、計算の仕方分からないし…」

という人は、こちらの本が初心者向けでおすすめだよ。

 

 

次に

計画図を実際に書くときに注意してほしいことは、

  • 計算書の部材に沿って計画図がかけているか?
  • 重量物なので、揚重機の作業半径と設置位置の確保が出来るか?
  • 資材の仮置きヤードが確保できるか?
  • 近接建物に対する養生はどのように行うのか?
  • 道路使用などの必要はあるか?
  • 掘削時の搬入路をどこにするか?

という当たりを確認して欲しいけど

 

もっと重要なのは

「本当に引き抜きに行けるのか?」

である。

 

実際には

山留めを打設する時期は、掘削する前なので
揚重機をある程度自由に据えることが出来る。

 

しかし

鋼矢板などは、埋め戻しが完了した後に
引き抜く必要があるのだ。

建物の外周に揚重機を据えることが出来るので
あれば、全く問題ないのだが、山留め工事を行う
ということは、敷地に余裕がないことの裏返し。

 

いざ、引き抜きの時期になって作業員さんから

 

「どうやって引き抜くの?」

 

と言われるまで気が付かないこともあるかもしれない。
鋼矢板の場合は、サイレントパイラーで引き抜けば
ある程度作業半径は稼げる。

 

しかし

鋼矢板に曲がり角がある場合は、
一度吊り上げる必要があることが多い。

 

だから

安全性とともに、施工の実現可能性も確認することが
非常に重要であると私は感じるよ。

 

つまり

山留め工事計画書のポイントは、
いかに「崩壊」せずに、更に近隣家屋に影響を
最小限に食い止めて、安全に工事が出来るかが非常に重要。

 

更に

工事の序盤戦になることが多いので、時間がない中でも
綿密に打ち合わせが必要になってくるよ。

 

だから

現場の取り掛かりは非常にハードワークになりがち。
最初でいかに踏ん張れるかが、現場運営の全てに掛かって来るから
こちらの記事も合わせて読むことをおすすめするよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. トレミー管を使用してコンクリートの打設を行うチェックポイント5つ

  2. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(6)

  3. 建築の確認申請や計画通知がいつおりるのか?それが問題だ

  4. 私の部下が陥りそうになった鋼矢板工法の施工計画上の問題点とは?

  5. 鉄筋とコンクリートの強度の組み合わせとバランスの関係とは?

  6. 分かれば納得!1階の墨を2階に上げる方法と注意点とは?

  7. 施工計画書の雛型はどのサイトで公開されているのか?という悩み

  8. 杭の余掘りは1mなのか?最終掘削深さの算出時に確認すべきこと

  9. 道路使用許可を申請する時に自治体で違うと感じる2つの事とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  2. 地中梁の打ち増し部の鉄筋の端部は定着する必要があるのか?

    2018.09.19

  3. レーザー墨出し器はグリーンレーザー良いと聞くけど高額では?とい…

    2018.09.14

  4. 隅柱や側柱において3次元的に考えるべき納まりとは?

    2018.09.12

  5. 柱と梁が同面でも勝手に配筋をしてはイケない理由とは?

    2018.09.10

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (281)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー