梁の主筋が納まらない時に、勝手にしてはイケない事とは?

Sponsored Links

 

「えっ!?別に本数一緒だから良いんじゃないの?」

「いやいや、仮に本数同じでも勝手に変更してもらったらダメですよ!」

「何でダメなんですか?主筋が納まらない設計したのはあなたでしょ!」

「だったら、事前に相談してくれたら良かったじゃないですか!
とにかく、今のままだと耐力が足りない可能性があるので、
後日指示しますのでその通りに対応してください。」

「何だよ~!それじゃあ明日コンクリート打てないじゃないか!」

「そう言われてもダメなものはダメです!」

「もういい!ふざけんなよ!!」

 

ところで

あなたはこのやり取りで問題なっている内容が分かりますか?

完璧に分かるという人は今日はここまでで、また次回でもかまいません。
不安な人、全くイメージがつかない人は是非読んでください。

 

ちなみに

冒頭のやり取りは、ある現場におけるコンクリート打設前の
配筋検査での工事監理者さんと現場監督さんのやり取りですが、
私が勝手に作り上げたフィクションです。

 

そこで

とある梁符号で納まりの関係上1段筋だけで構成されていたのが
どうしても納まらずに主筋の1本を2段筋に気を効かせてしたのでした。

 

だから

現場監督さんの立場としては「気を効かせて納めてあげた」という
設計者のミスをフォローしてあげたつもりなのに、まさかの反撃で、
ふざけんなよ!という気持ちでいっぱいになるのも分かりますよね。

 

では

一体何が問題になったのでしょうか?

 

実は

梁の主筋を1段筋から2段筋にすると「鉄筋重心位置」が変わります。

鉄筋重心位置については、こちらのサイトに分かりやすく載ってますから
参考にしてみて下さいね。

参考サイト:鉄筋重心位置とは?

 

もしも

現場監督さんにこの知識があれば、工事監理者さんへ
事前に質疑をしていたかも知れませんね。

 

つまり

地中梁の主筋が納まらない時に、勝手にしてはイケない事とは
地中梁の主筋の「段数」を勝手に増やすことです。

 

なぜなら

主筋の配置されている「段」が違うと地中梁の端からの重心位置が
変わるので、期待できる応力を変化させないといけないからです。

 

そして

勝手に現場の判断で主筋の段数を増やしている場合は、

「これくらい大丈夫だという」

という思い込みから行っているケースが9割でしょう。
問題があると言われた人は「青天の霹靂(へきれき)」
かも知れませんね。

 

あっ、そうそう。

思い込みがトンデモナイ結果を招くといえば、
是非こちらの記事も確認しておいて下さいね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 自立式山留め工法において変位の管理が最重要である理由とは?

  2. 場所打ちコンクリート杭の施工計画書の作成について(1)

  3. 柱・梁の断面算定の考え方と鉄筋の納まりの実態との差とは?(2)

  4. 定着長さが配筋検査時の直すのが非常に困難な指摘事項の1つ!?

  5. 鋼管杭、H型鋼杭が高止まり・低止まりした場合はどうする?

  6. 架空電線が建築現場の施工計画に及ぼす影響とは?

  7. 建築現場で水替えの労力を劇的に減らすための考え方とは?

  8. 地中梁を配筋して継手で固定する前に確認すべきこととは?

  9. 基礎と柱のかぶりが違うから私が気に入らない件とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ