地下水位の高い現場をオープンカットで施工した悲劇とは?

Sponsored Links

 

地下水位が掘削床よりも高い場合は
山留めを行なうべきだと強く感じている。

 

しかし

山留めのm数がかなりの長さになる時は
コストの事を考えてオープンで掘ろうと考える人も実際にいる。

 

これは

私の経験した現場ではないが後輩と飲んでいる時に

「やってられませんよ~」

と言っていたので共有しておこう。

 

それは

とある建築面積の広い現場であった。
地下水位が掘削床よりも50~100cm位高いので
確実に掘ったら地下水が出る状態である。

 

そこで

その現場の所長は「オープンカットで掘削」を
選択したのである。理由は「コスト削減」以上。

 

実際に

掘削を行っていくと、水中ポンプを据えながら
なんとか進んでいけるレベルであったが、
一度雨が降ってしまうと、たまり水と周囲からの
湧き水が一気に増大して水中ポンプの能力オーバー
になってしまったのである。

 

すると

土工さんだけでは足りずに職員も水替えを手伝わないと
とてもとても作業ができるような状況では無かったらしい。
来る日も来る日も水替えに追われる日々が続いたのだ。

 

しかし

大変なのは水替えだけでは無かった。
掘削床などに水たまりが出来たりすると周囲の法面の崩壊が
いたる所で始まるのである。

 

今度は

崩壊した法面の土砂を取り除くのに多大な労力が掛かってしまうのだ。
しかも、型枠の組み立て終わった所なら放っておいても品質上問題ないが
鉄筋の組み立てが終了したての状態で、鉄筋の下に土砂が入ってしまったら
非常に取り除くのに労力が掛かってしまうよね。品質的にも放っておくことが
出来ないので、意地でも取らなければイケないから余計に気が滅入る。

 

更に

職員や土工さんたちがこんなに大変な水替え作業を行って
何とか基礎部分が終了したら、所長が

「なんだ出来るじゃないか」

と一言いったときにはブチ切れそうになったと言っていたよ。
コストも大切だけど、その他の部分も合わせてトータルメリット
のある施工方法を選択したほうが現場の能率はきっと上がると
私が常々感じているけどね。

 

つまり

地下水位の高い現場をオープンカットで施工した悲劇とは、
来る日も来る日も、職員を始め土工さんたちが
次々湧き出して止まらない水替えに明け暮れたこと。

 

そして

土砂の崩壊と、復旧のいたちごっこの毎日であったこと。

 

更に

1番悲劇なのは、「なんだ出来るじゃないか」
と感じた上司がいたことである。

品質も作業する人の気持ちもへったくれもない
散々たる結果であったと私は感じているよ。

人の上に立つものはこのような考え方であって欲しいな。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 地下水位の高い地域の基礎工事は水替え費用をけちるな

  2. 足場も仕事も足元が肝心!チェックすべき3つのタイミングとは?

  3. 既製コンクリート杭の施工計画書には何を記載すべきか?(4)

  4. 建物位置の縄張りを行なうことで確認できる3つの事とは

  5. 足場の積載荷重は何を基準に決まるのか?建枠か?鋼製布板か?

  6. 荷受構台で忘れてはいけない3つのポイントとは?

  7. 建築現場の仮囲いに貼っておくべき7+3の内容とは?(3)

  8. アースアンカー方式は近隣さんの理解の上に成り立っている工法

  9. 施工計画書と施工要領書と作業手順書の違いを理解しているか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー