現場を全体観で管理するには現場所長の器が必要?

Sponsored Links

 

所長や副所長の立場で現場全体を管理してく立場であるのに、
「木を見て森を見ていない」という人が非常に多い。

あなたはどうだろう?

 

自分の興味のある担当に口を突っ込み過ぎたり、
1つの問題にかかりっきりになっていたりしないかな?

別に、仕事の全体量が把握できていれば、私は文句を言うつもりはないよ。

 

しかし

実際に廻りを見回してみると、
全体が有る中での1つの作業という認識を持って仕事をしている人は、
必ずしも多くはないと感じている。

 

では

「所長の器」とどのような関係が有るのか?

 

例えば

もしも所長の器が実際に有るとするならば、
全ての仕事の総量がスッポリと納まっているのだろうか?

別に所長が全ての仕事をするという意味ではなく、
すべての仕事を把握した上で、誰にやらせるか?
と適切に選択できているのか?という意味。

これが、私が「仕事の全体観」を所長の器で例えた理由。

特に、現場の終盤になると本当に「全体観」で、
残りの作業と期限を把握した上で指示を出さないと、
最悪検査に間に合わないという悲劇が訪れるかも知れないよ。

 

更には

現場の終盤でバタバタしないために、
今のうちから「取り組んでおくべきことと何か?」

という問題意識を常に持っていると、
精神的に余裕を持ちつつ現場の終わりを迎えることが出来る。

 

結局

所長の現場の中についてすべきことは、どの作業が大変で、
誰にやらせるのがベストか?
という職員配置を検討することであると感じる。

当然、個々の職員の能力や将来を見据えてやらせたい仕事を、
優先的に割り当てるという考え方をするべきだし、
職員が不足することが明白なら、
早めに会社に相談を持ちかけるべきである。

 

いずれにしても、「努力したけど出来ませんでした」という言い訳は、
若手職員なら通じるけど、所長や副所長クラスになってくると通じない。

 

是非、あなたには現場の終盤を見据えた、
スムーズな現場運営をして頂きたいと心から願っているよ。

 

つまり

現場を「全体観」を持って管理するということは仕事の「総量」をまず把握するということ。

日々積み上げられている仕事が終われば現場が終わるという考え方ではなくて、
自分の行っている、又はやられせている仕事が「全ての仕事の内の、どの位置に有るのか」
を常に意識をするということ。

 

頭の中で「仕事の総量」が分かっていないと、仕事の進めるべき順序を間違い、行き当たりばったりの現場になってしまうよ。

 

大切なのは段取りなので、この記事も合わせて読んでおこうね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 部下に任せた仕事が順調に進んでいるか密かに確認する秘訣とは?

  2. 基礎生コン拾い出しが何度やっても積算の数字に近くならない悩み

  3. 隣の席の人にメールをするだけのコミュニケーションで良いのか?

  4. 建築現場の巡視時に立ちはだかる3つの壁とは?

  5. 現場監督の管理の基本「段取り八分」って何のこと?

  6. 部下の担当の質問をいきなり作業員さんから受けたら?

  7. けんせつ小町、なでしこ旋風の中で最低限準備して欲しい3つのこと(1)

  8. 打合わせ時によくある勘違いとは?【失敗を防ぐ知恵】

  9. 竹中工務店の中野達男所長のインタービューで感銘を受けた事とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー