建築現場の朝礼では9割の作業員は話を聞いていないという事実

Sponsored Links

 

建築現場の朝礼では、
当日の危険のポイントなどを説明するが

9割の人は聞いていないと考えるべき。

 

え~!
だって、あれだけ一生懸命に話しているんだから
絶対に、みんな聞いてくれているはずだよ。

と、思わず喉まで出て来そうになった
あなたに1つ質問をしよう。

 

例えば

あなたは、小学生から高校生までの間に
全校集会などの集会で

どのくらい校長先生の話を真剣に聞いていた?

校長先生の話を、1字1句逃すまいと
真剣に聞いていた?

 

多分、9割の人は「聞いていない」
と答えるはず。

 

当然、私もその9割に入る。

 

しかし

あなた自身が全校集会で「真剣に聞いていない」のに
あなたが、いざ話す方の立場になると「聞いている」と
感じるのかな。

自分中心で物事を考えてない?

 

では

なぜ、朝礼でみんなが聞かないのか?

理由の大きな1つに、
「自分に対して言われている」と感じていなから。

 

つまり

一生懸命、現場監督が「他の誰か」に
向かって話しているけど、自分には関係ない。

と感じている。
なぜ、断言できるかとういと、

建築現場の朝礼を一番後ろから見ていると
非常に良く分かる。

 

後ろの方の人は、注意散漫。
きっと、全然違うことを考えている。

「当日の仕事の段取りのこと」

「今晩の酒のつまみのこと」

「次の日のデートのこと」

 

具体的に、何を考えているかは分からないけど
話を聞いている雰囲気ではない人が大多数。

 

では

どのようにして注意をひきつけて
「自分のことだ」と思わせるのか?

 

例えば

街で歩いていて

「そこのお兄さん」と呼ばれて振り向くだろうか?
きっと振り向かないよね。

それは、「お兄さん」は他にもいっぱいいるから
まさか自分だとは普通は思わない。

 

しかし

「そこの、身長170cmくらいのメガネを掛けて
黒いかばんを持った、長髪のお兄さん」

と言われて、全て当てはまっていたらどうだろうか?
きっと、あなたは振り向くはず。

 

なぜなら

3つも4つも条件をクリアーしている人は
自分の周辺にはいないだろう。と考えるから。

だから、「自分のこと」を言われている
と感じてしまうから、振り返るのだ。

 

そして

朝礼に同じことを適用すると
「今日はこの作業に注意してもらいたい」という人を
出来るだけ具体的に、「あなたのこと」と感じるくらいに
細かく説明するのだ。

「今日のメイン作業は足場のクレーンを使用しての解体ですが、
その中でも、足場上で作業している人は必ず安全帯を付けておくこと」

この該当者は多分2名。

朝礼の参加人数は100名。

 

えっ、朝礼で100名に対して
2名に響くような事を言うの?

と感じるかもしれないが、

 

たまに、私も先ほどのように
具体的に少人数に絞った言い方をすると、

その当人はもとより、
関連ある人達の顔もこちらの方を向く。

 

更には

関係ない人の顔もちらほらこちらを向く。

 

つまり

該当者+該当者に関係する作業のある人
+次は、「自分のこと」を言われるかもしれないと感じた人
が反応するのだ。

 

だから

「少人数に刺さる注意事項」を少しずつ折り込ませることで
「次は自分のことを言われるかもしれない」
という人が少なからず増えてくる。

 

結果

「9割の人が聞かない」状態からの改善を
かなりの確率で見込むことが可能となる。

 

つまり

朝礼で作業員に伝達するには、まずは少人数にターゲットを絞って
「自分に対して言っている」と思わせることが大切。
そのためには、より具体的に「伝えたい人の作業の特徴」
を説明することが非常に重要。

 

更に

朝礼に関しては、この記事も参考にしてね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 打合わせ時によくある勘違いとは?【失敗を防ぐ知恵】

  2. 現場監督の管理の基本「段取り八分」って何のこと?

  3. 現場で指示したつもり症候群に見られる3つの間違いとは?

  4. 建築現場の巡視時に立ちはだかる3つの壁とは?

  5. けんせつ小町、なでしこ旋風の中で最低限準備して欲しい3つのこと(1)

  6. 鉄筋のスペーサーは部位ごとに事前に仕様を打合せた方が良い理由(2)

  7. 隣の席の人にメールをするだけのコミュニケーションで良いのか?

  8. けんせつ小町、なでしこ旋風の中で最低限準備して欲しい3つのこと(2)

  9. 部下の担当の質問をいきなり作業員さんから受けたら?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  2. 鉄筋屋さんに対し、良く計算されていると感じる柱の主筋の長さの秘…

    2019.06.12

  3. 柱リストで最初にチェックすべき現場で忘れがちなポイントとは?

    2019.06.10

  4. 柱筋のかぶり厚さは地上と地中とどちらを優先させるか?

    2019.06.07

  5. 柱筋の脚部の折り曲げ長さが150である意外な理由とは?

    2019.06.05

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (57)
  • 工種別の管理ポイント (323)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ