部下の担当の質問をいきなり作業員さんから受けたら?

Sponsored Links

 

現場を歩いていると突然作業員さんから質問を受けることがある。
しかも、あなたの担当ではなく、部下の担当範囲である。

部下に連絡すればよいのだが、あいにくその日は現場にいない。

その時、あなたはどのような対応を取るかな?

  1. 取り敢えず答える
  2. 部下がいる時にしてもらう
  3. 無視してやり過ごす

まあ、3は無いにしても1か2かどちらかだろうね。

 

「えっ、私はどうするのか?」

私は、どうしても分からない時は2番だけど、基本的には1番だよ。

 

そして、現場で回答したことについては
部下に「〇〇と答えたけど良かったかな?」
と後から確認するようにしている。

 

なぜなら、私が回答する内容は、建築屋さんとしたら、
一般的なセオリーからの回答になるけど、部下に、
「どうしてもあのサッシはこういう納まりにしないといけない」
などという、施工の詳細を検討した結果の想いがあるかも知れないから。

その部下の想いがあったかもしれないのに、
無視して回答してしまうのもどうかな?と感じるので、
一応毎回確認するようにしている。

 

更に

私の回答を確認するために、
部下に報告すると結構様々な反応を見ることが出来る。

  • ありがとうと感謝を示してくれる人
  • 自分に聞けよ。という態度を示す人
  • 回答した内容が理解できていない人

その中でも、回答した内容が理解できていない人。
というのは部下の理解度をはかるには非常に良い機会。

 

そして

もしも、部下の担当職員が少し頼りない場合は作業員さんは、
敢えてあなたに質問をしているのかも。

一応、部下に質問をしたけれど、予想と違う回答が返って来たために、
もう一度再確認の為に質問をする。

 

案外、そういう風に質問をしている作業員さんは多い。
気さくな感じの作業員さんは、

「〇〇さんから、ここの納まり△△って聞いたけど本当?」

と直球で聞いてくる人も実際にいるしね。

 

私たちが作業員さんの力量をチェックするのと同時に、
作業員さんも現場監督の力量をチェックしているということだね。

 

つまり

部下の担当の質問をいきなり作業員さんから受けたら私なら、
「その場では自分のベストな答え」を答えて、
あとで部下に「〇〇と答えたけど問題は無かった?」
と必ず確認するようにしている。

 

そして、部下の反応を見ることによって、
理解の仕方をはかることも出来るし、
部下にとっては新しい発見になるかもしれない。

結局は部下を成長させるために自分は何が出来るか?
ということ。直接部下に矛先が向いた時はこうしているよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 打合わせ時によくある勘違いとは?【失敗を防ぐ知恵】

  2. けんせつ小町、なでしこ旋風の中で最低限準備して欲しい3つのこと(1)

  3. 隣の席の人にメールをするだけのコミュニケーションで良いのか?

  4. 基礎生コン拾い出しが何度やっても積算の数字に近くならない悩み

  5. 建築現場の朝礼では9割の作業員は話を聞いていないという事実

  6. 建築現場の巡視時に立ちはだかる3つの壁とは?

  7. 鉄筋のスペーサーは部位ごとに事前に仕様を打合せた方が良い理由(2)

  8. 現場で指示したつもり症候群に見られる3つの間違いとは?

  9. コンクリートの数量積算(拾い出し)を間違えずに行なうコツとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ