別途業者と上手に付き合うたった1つの秘訣とは?

Sponsored Links

 

別途業者との相性が悪い。

別途業者が全然言うことを聞かない。

官庁工事だと、当たり前のように存在する「分離発注」。

 

つまり

  • 建築
  • 電気設備
  • 機械設備
  • 土木

などが、別々に発注されることである。

 

実は、私の会社でも別途業者と上手く行っている現場と、
揉めてばかりいる現場がある。
そして、私は揉めている原因に心当たりがある。
しかも、かなり核心的に。

 

しかし

当の本人たちは全く気づかないのだ。
多分私が見る限り「永遠に」気づかないかもしれない。

 

そして

実際は民間工事で設備工事まで一式で請けている工事に関しても、
何ら変わらない態度を取っているはずである。

 

それは

「別途という線引き」を無意識に行っているから。

あなたには当たり前に感じたかもしれない。

 

では、あなたはこのような気持ちになったことは無いだろうか?

  • 設備工事の事は建築屋には分からない。
  • 電気設備・機械設備は建築の言うことを聞いておけば良い。
  • 別途のスラブ配管なんか夕方からすれば良い。
  • ボードを貼ろうとしたら、いつも「待ってくれ」ばかり言う。
  • 現場で何の作業をしているか?さっぱり分からない。

もしも、あなたが1つでも当てはまるなら要注意だよ。

 

ハッキリ言ってしまうけど、自分の守備範囲外の事柄に対して
「学ぼうという気がない」というか全く興味が無い人間ではないだろうか?

自分の仕事に勝手に線を引いて、線の外側の仕事は
「きっと誰かがやってくれる」と甘い考えを持っていないだろうか?

 

もしそうなら

きっと、どんな現場でも苦労すると感じるよ。

 

なぜなら

電気設備も機械設備も無い建物なんてありえないからね。

そして、別途だろうが違おうがわかろうとしないという気持ちは一緒。

 

しかし、別に私は「設備屋」ではない。れっきとした建築屋である。
でも、1つだけ言えるのは

「建築も設備も協力しないと良い建物なんて絶対に出来ない」
ということ。

 

そして、私が感じているのは「別途」だとか言って、
揉めている時点で

「誰の為に仕事をしているのか?」

を吐き違えている可能性が非常に高いということ。

 

だって

「お客さんの為に良い建物を建てるのが技術者でしょ?」
お客さんにとっては、別途業者がどうとか?関係ある?
お客さんの求めているのは「皆が協力して良い物を作って欲しい」
という気持ちじゃないかな?

 

だから、別途とか関係なく協力して建物を作って行こうよ。

私が本当に言いたいことはそれだけ。

 

つまり

別途業者と上手に付き合うたった1つの秘訣とは、
「建物をつくり上げる為に協力をする」こと。

ハッキリ言って、「別途だから」という言葉を使う人は、
本当に良い建物を作ろうという気持ちが感じられない。

 

大切なのは、皆が協力して「お客さん」の為により良いものを造ること、
では無いのかな?みんな何か勘違いしていない?と私は強く感じるよ。

 

「ドキッ」としたあなたには、是非この言葉を伝えたい。誰のために仕事をしているのかを考えなおすキッカケになれば私は非常に嬉しいよ。

「For the Project」(全てはプロジェクトの為に)

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 「俯瞰」と「逆算」が建設現場の運営には不可欠と言われたが具体例は何?

  2. 竹中工務店の中野達男所長のインタービューで感銘を受けた事とは?

  3. 現場運営に欠かせない職長のキーマンを見つける秘訣とは?

  4. 現場巡視時で黙認!何も言わないことは認めている事と同じ

  5. 建設現場の巡回時に異変に気づくコツはあるのか?という悩み

  6. 建築現場の朝礼では9割の作業員は話を聞いていないという事実

  7. 現場を全体観で管理するには現場所長の器が必要?

  8. 隣の席の人にメールをするだけのコミュニケーションで良いのか?

  9. 現場に出ずに事務所で現場監督をする場合の悩みとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ