地中梁の配筋写真の撮り方の秘訣を伝授!

Sponsored Links

 

「地中梁の配筋写真撮影って面倒くさくて大嫌い!」

とあなたは感じていませんか?

 

ちなみに

私は地中梁の配筋写真撮影は大嫌いです。

 

なぜなら

  • 断面が大きくて全体を撮影しようとするとかなりバックして撮影しないといけないけど他の梁が邪魔して撮影しにくい
  • 梁のせいが高い場合は、梁にのぼったり降りたりを繰り返すため大変
  • 主筋、スタラップ、腹筋など部位毎に撮影していたら、どの部位が撮影済みでどの部位が未撮影か?分からなくなってしまう

などの理由からです。

 

とにかく

面倒くさがりの私は基礎を施工している時期に、何回もタラップを昇降するのが、
とても嫌いなので「何とか効率的に撮影出来ないか?」
を毎日考えていました。

 

そこで

私はたった3つだけですがルールを決めたのです。

 

それは

  1. 断面が大きくて足元から上端筋が撮影しずらい場合は、上端筋とそれ以外を別のタイミングで撮影する
  2. 部位別に撮影する必要があれば、全景、主筋、スタラップ、腹筋の様に順番を決めてしまう
  3. 梁底のかぶり厚さ、定着寸法などの全ての符号で必ずしも必要ではない部位の撮影は出来るだけ早い段階で済ましておく

の3つです。

 

 

まず

1つ目については、地中梁の梁せいが3m位になると地面から上端筋を
撮影しようとすると、かなり見上げた写真になってしまいます。

 

そこで

全景と下端筋、スタラップ、腹筋と各符号を撮影しておき、
最後に梁の上に乗って上端筋ばかりを撮影すると、
上下の移動時間が短縮されるのでオススメですよ。

 

 

次に

部位毎に撮影している途中に他の作業員さんから電話がかかってきて、
呼び出されて戻って来た時に

「あれっ?どこまで撮ったっけ?」

と、カメラの内容を見直すことも当然あります。
何枚か戻って確認しないと撮り忘れの危険性がありますよね。

 

しかし

撮影順序を自分のなかで決めておけば最後の1枚だけ確認すれば
中断される前にどこまで撮影したか把握できますから、
時短にもなるし撮り忘れもありません。

 

更に

工事写真を整理するときに決まった並び順で撮影されているので
そのまま取り込むだけで統一感のあるアルバムになります。

 

 

最後に

毎符号撮影しなくてもよい部位については撮り忘れ防止のために
早めに撮影しておいた方が良いのは言うまでもありませんね。

 

 

つまり

私の中の地中梁の工事写真撮影のルールは

1、断面が大きくて足元から上端筋が撮影しずらい場合は、上端筋とそれ以外を別のタイミングで撮影する。
2、部位別に撮影する必要があれば、全景、主筋、スタラップ、腹筋の様に順番を決めてしまう。
3、梁底のかぶり厚さ、定着寸法などの全ての符号で必ずしも必要ではない部位の撮影は出来るだけ早い段階で済ましておく。

 

ここで

工事写真について他にもっと確認しておいた方が佳いかな?
と感じたあなたはこちらのカテゴリーの中から何記事か確認して下さいね。

↓  ↓  ↓

工事写真のカテゴリー

 

banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 誘発目地と鉄筋の位置関係で生じるかぶり厚さ不足とは?

  2. 施工計画書の裏柄!施工要領は5W1Hが大事!?

  3. 鋼管杭の特徴とは?既製杭や場所打ち杭に比べてどうなの?(1)

  4. 施工計画書の裏側!安全管理と環境管理の章はおまけなのか?

  5. 単管パイプで補強する場合は引張力に期待するか?圧縮力か?

  6. 足場の積載荷重は何を基準に決まるのか?建枠か?鋼製布板か?

  7. 鉄筋のあきの最小値にコンクリート粗骨材寸法が基準にある理由とは?

  8. 継手の位置の基本の「キ」!なぜそこで継ぐのか?を理解する

  9. 既製コンクリート杭の施工計画書には何を記載すべきか?(1)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ