建築現場で作成する必要のある書類はどんなものが有るのか?

Sponsored Links

 

建築現場で作成する書類って本当にいっぱいあるよね。
しかも、官庁仕事だったら尚更。

 

仕事を初めてまだ最初の頃は、
どんな書類が必要かなんて分からないから、
上司の指示を仰ぎながらになると感じるけど、

その前に、
あなたは「建築工事監理指針」を確認してみたかな?

 

実は

監理指針には、現場で作成すべき書類がまとめられている。

 

必要な図書
主として施工予定に関するもの

契約書に基づくもの
実施工程表
建工実施工程表(全体)
週間又は月間工程表
工種別工程表
総合施工計画書
工種別の施工計画書
施工図(加工図)
主として施工記録に関するもの 工事材料搬入報告書
工事材料検査記録
一部施工報告書
一部施工検査(立会い)記録
工事実施状況報告書
工事進捗月報
工事打合せ書
工事写真
発生材報告書
(請負工事に関する書類の様式集より) 契約時の図書
工事着工時の書類
工事中の図書
工事変更時の図書
既済部分検査時の書類
完成時の書類
完済部分検査時の書類

 

その中でも、大きく分けると

  1. 施工の予定(計画)に関する書類
  2. 施工の記録に関する書類
  3. 契約や変更に関する書類

1.施工の予定(計画)に関する書類ついては、
「工程表」は、現場を運営していく上で、
言われなくても作成してる場合が多い。

 

しかし

民間工事であると、「各工種の施工計画書」なんては
施主や工事監理者から要求されなければ、
作成をしていないということも多々あるのでは?と感じる。

そして、何かトラブルが発生した時に、会社の人から

「何で作成しなかったんだ」

と怒られるかもしれないけど、

実際は忙しくてそれどころでは無い。

というのが現状だろうね。

 

2.施工の記録に関する書類についても、
常日頃から作成しておけば問題は無いけど、
実際は、施工記録などの書類を作成する業務は
どうしても後回しになりがち。

 

結局

検査前に毎晩遅くまで残って書類を仕上げる。
というパターンがかなり多いのではと感じるよ。

 

しかし

「工事写真」は、施工中にしか撮れないので、
作業の優先順位を必ず上げておこうね。

検査の時になって、上司から

「何で、この写真を撮っていないんだ」

と怒られる若手職員を、私は何度となく見てきたからね。
だから、あなたには同じような思いをして欲しくないので、
「工事写真」は撮れる時にきちんと撮っておこうね。

 

その他の書類は、最悪の場合は竣工検査前でも
なんとかなる書類ばかりだよ。

どうにもならない場合は、
「工事写真」が無いときだけかな。

 

最後に

3.契約に関する書類は
会社の人が作成してくれたりすることもあるけど、
「代理人等の通知書」などは現場で作成することもある。

どちらにしても、現場事務所には備えておかないと
いけない書類であることは間違いない。

 

つまり

建築現場で作成する必要のある書類は
大きく分けて

  1. 施工の予定(計画)に関する書類
  2. 施工の記録に関する書類
  3. 契約や変更に関する書類

 

更に

書類を作成する時はまず一覧や目次から
作成すると、全体量を把握しやすいので非常に効果的だよ。

 

ちなみに

私のブログの目次はこちらだよ。

↓  ↓  ↓

 

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 外部足場の養生はメッシュシートか?ネットか?それとも…

  2. クレーンの定格総荷重と吊り荷重は同じと考えても良いのか?

  3. 足場の積載荷重は何を基準に決まるのか?建枠か?鋼製布板か?

  4. 試験杭で想定地盤と違っていたらどうする?支持層より低い場合(1)

  5. コンクリートの打設後の墨出しで距離も角度も合わない!どうする?

  6. 鋼管杭、H型鋼杭の継ぎ手はどのような形式が一般的なのか?

  7. 乗入れ構台に乗り入れられない?計画時のチェックポイント(2)

  8. 鋼矢板の引抜きはサイレントパイラーか?バイブロハンマーか?

  9. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(2)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー