杭材料を信じるな!思い込みが産んだ危機一髪な出来事(1)

Sponsored Links

 

現場でものを作るときは必ずチェックをするという

あなたでも「工場で作られたもの」は大丈夫だろう。

という気持ちがどこかにないかな?

 

実は

私は「工場で作るものはそれなりにプライドを持って
製作しているはずだから最低限のチェックは行って
いるのが当然ではないか?」という考えがある。

 

しかし

工場製作品も間違っているかも知れないから、
現場納入時に「受入検査」を行うべき。という
正論も同時に知っている。

 

ただ

現場というのは何時もとても忙しく出来るだけ業務を
減らしたいという願望との狭間で「既製品は正解」
という希望的観測のもとに、見てみぬ振りをしている
という事実があるのは自分で認めざるを得ない。

 

そこで

今回は、そんな面倒くさがりな私が直面した「既製品」
つまり、既製コンクリート杭にまつわるトラブルを
お伝えしていこう。

 

まずは

杭屋さんから掛かってきた1本の電話から。

「杭の材料が間違ったものが納入されてます」

という電話が私の所に掛かってきたのだ。
あわてて現場に行って確認すると確かに設計図書に書かれている
杭材料ではなかったのだ。

 

そこで

材料検収の写真を撮影した職員に確認すると、しっかとチェックした。
という回答を得たのだが、何を確認して写真を撮影したかというと
既製コンクリート杭の「径」、「長さ」を確認して撮影したという言うことだった。

 

しかし

現場に持ち込まれていた杭は「径」も「長さ」もあっていたが、
肝心なものが違っていたのである。

 

それは

「杭種」である。

ここで一応杭種について説明をすると、杭種とは同じ径、長さでも
内部の配筋が異なることにより、期待できる強度が違う杭のこと。
一般的にA,B,C種とありA種よりC種の方が強度が高い。

例えば、鉄筋で言うSD295A,SD345みたいなものである。

 

そして

私の現場で必要なものはB種だったのだが、搬入されたものはA種。
強度の低い設計に対して、強度の高い杭が搬入されていれば、
構造設計担当者に問題の有無を質問することが出来たかもしれないが、
実際は、強度の高い設計に対して、強度の低い杭が搬入されているので
どう考えても使用することは不可能である。

 

結局

返品を行って、現場は2週間ほどストップせざるを得なかった。
しかし、知らずにそのまま杭を打設して後から発覚することに比べれば
怪我の程度は本当に浅かったと感じたよ。

 

ここで

もう1つの話は次回に持ち越しをさせて頂くね。

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 杭工事で重要な管理項目の1つである杭芯のずれはいつ確認する?(1)

  2. 捨てコンクリートの役目とはそもそも何なのか?5つの役目(1)

  3. 鉄筋工事における「かぶり厚さ」の基本の「キ」(建物の高寿命化)

  4. 足場の積載荷重は何を基準に決まるのか?建枠か?鋼製布板か?

  5. クレーンの定格総荷重と吊り荷重は同じと考えても良いのか?

  6. 足場の昇降設備はタラップか?昇降階段か?それが問題だ

  7. 再生砕石を使用する上で環境的に必ず知っておくべき事とは

  8. 場所打ちコンクリート杭の品質の要!スライム処理とは?

  9. 鉄筋工事における建築工事監理指針による基本要求品質とは?(材料編)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー