杭材料を信じるな!思い込みが産んだ危機一髪な出来事(1)

Sponsored Links

 

現場でものを作るときは必ずチェックをするという

あなたでも「工場で作られたもの」は大丈夫だろう。

という気持ちがどこかにないかな?

 

実は

私は「工場で作るものはそれなりにプライドを持って
製作しているはずだから最低限のチェックは行って
いるのが当然ではないか?」という考えがある。

 

しかし

工場製作品も間違っているかも知れないから、
現場納入時に「受入検査」を行うべき。という
正論も同時に知っている。

 

ただ

現場というのは何時もとても忙しく出来るだけ業務を
減らしたいという願望との狭間で「既製品は正解」
という希望的観測のもとに、見てみぬ振りをしている
という事実があるのは自分で認めざるを得ない。

 

そこで

今回は、そんな面倒くさがりな私が直面した「既製品」
つまり、既製コンクリート杭にまつわるトラブルを
お伝えしていこう。

 

まずは

杭屋さんから掛かってきた1本の電話から。

「杭の材料が間違ったものが納入されてます」

という電話が私の所に掛かってきたのだ。
あわてて現場に行って確認すると確かに設計図書に書かれている
杭材料ではなかったのだ。

 

そこで

材料検収の写真を撮影した職員に確認すると、しっかとチェックした。
という回答を得たのだが、何を確認して写真を撮影したかというと
既製コンクリート杭の「径」、「長さ」を確認して撮影したという言うことだった。

 

しかし

現場に持ち込まれていた杭は「径」も「長さ」もあっていたが、
肝心なものが違っていたのである。

 

それは

「杭種」である。

ここで一応杭種について説明をすると、杭種とは同じ径、長さでも
内部の配筋が異なることにより、期待できる強度が違う杭のこと。
一般的にA,B,C種とありA種よりC種の方が強度が高い。

例えば、鉄筋で言うSD295A,SD345みたいなものである。

 

そして

私の現場で必要なものはB種だったのだが、搬入されたものはA種。
強度の低い設計に対して、強度の高い杭が搬入されていれば、
構造設計担当者に問題の有無を質問することが出来たかもしれないが、
実際は、強度の高い設計に対して、強度の低い杭が搬入されているので
どう考えても使用することは不可能である。

 

結局

返品を行って、現場は2週間ほどストップせざるを得なかった。
しかし、知らずにそのまま杭を打設して後から発覚することに比べれば
怪我の程度は本当に浅かったと感じたよ。

 

ここで

もう1つの話は次回に持ち越しをさせて頂くね。

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 足場の風荷重の算定方法とは?(3)壁つなぎの検討

  2. 鉄筋の端部のフックが現場で喜ばれる場面、嫌われる場面とは?

  3. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(鋼材の種類、製造方法編)

  4. 構造図の配筋は見上げか?見下げか? 躯体図との違いとは?

  5. 埋め戻し時に余盛という概念があるということを知っているか?

  6. 足場の計画を行う場合にジャッキベースの高さでの失敗例とは?

  7. ガス圧接施工計画書の本音と裏側(1)

  8. クレーンの点検記録は確実に残しておくべき理由とは?

  9. 杭工事が完了して基礎工事に渡す前に確認すべきたった1つのこと

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 鉄筋の位置がズレたときに台直しをしても良い場合の条件とは?

    2018.08.10

  2. 鉄筋コンクリートに優しくない用途とかぶり厚さの考え方について

    2018.08.08

  3. 基礎のベース筋のかぶり厚さを杭頭から確保すべき理由とは?

    2018.08.06

  4. 2名死亡の事故と3名軽症の事故、どっちが重大災害なのか?

    2018.08.03

  5. 【明日は我が身】現場で火災を防ぐ誰でも出来る3つのステップとは…

    2018.08.01

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (42)
  • 工種別の管理ポイント (269)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (8)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー