家屋調査の注意点!井戸や池の鯉は要注意!

Sponsored Links

 

家屋調査を行っていく上で注意しておかないと
いけない家屋は、井戸や池のある家屋。

 

それは

井戸水が杭工事中などに突然枯れるという
ことがあるからである。

飲料水としては利用していなくても、
池の水や何かしらに利用している昔からのお宅が
極稀ではあるが存在する。

 

しかも

大抵、家の中に井戸や池のあるお宅は豪邸だったりして
高そうな鯉が何匹も泳いでいるのだ。

「この鯉は品評会で優秀な賞を取ったんです」

というのであれば、もしも死んでしまったら
目ん玉が飛び出る位の損害になるかも。

 

だから

「この鯉は絶対に殺せないぞ。」

という気持ちになったことが過去にあったよ。

 

では

なぜ井戸が枯れるかというと、杭工事の時に地下数十mという
穴を掘って杭を構築するのだけれど、その時に地下水脈に
当たることが極稀にあるのだ。

 

そのため

地下水脈の流れが変わって、井戸が急に枯れてしまうのだろう。
場合によっては、地下水が急に濁ったりすることもある。

 

だから

地下工事中は、井戸や池のあるお宅の様子を定期的に
確認に行くことを非常にオススメするよ。

 

だって

地下にどのように水脈が走っているかなんて
わからないから、異常が起きるかどうかは
ハッキリ言って「時の運」であると私は感じる。

 

井戸が枯れないことを祈りつつ。
定期的に近隣さんのお宅で様子を伺うことって、
うまくいくと、仲良く慣れるチャンスでもある。

 

ピンチはチャンス。

そう言い聞かせて、私はよく通っていたよ。

 

だから

もしも、あなたが行う工事の近隣だけではなく
周辺地域て井戸や地下水を使用していたり、
池などがあるお宅が有れば注意をしておいてね。

 

つまり

井戸や池がある家屋は、杭工事の場合に地下水脈の
流れが変わって、井戸が枯れたり、鯉が突然死んだり
してしまう危険性が有る。

 

だから

杭工事や地下工事が終わるまでの間は、注意して水位や
水質の観察を行うことが非常に重要だよ。

一匹数十万円の鯉が何匹も死んでしまったら大変だからね。

 

更に

近隣さんについてはこちらの記事も
合わせて読むと効果的だよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 地中梁が配筋中に転倒!?失敗しない為に考慮すべき事とは?

  2. 当たり前すぎで見過ごしがち!帯筋やあぱら筋等のせん断補強筋の端部フック

  3. 鉄筋の端部のフックが現場で喜ばれる場面、嫌われる場面とは?

  4. 境界際の山留めは引き抜くか?埋め殺しか?それが問題だ!

  5. 建設工事計画届の作成のポイント【架空線・埋設物調査図】

  6. 建築現場で良く使用される揚重機(クレーン)の種類を簡単解説

  7. 柱・梁の断面算定の考え方と鉄筋の納まりの実態との差とは?(1)

  8. 建築現場で斫り墨を出す前に検討すべき3つのポイントとは?

  9. 柱筋のかぶり厚さは地上と地中とどちらを優先させるか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ