鉄筋の強度の違いは材料のどこに差があるのか?

Sponsored Links

 

一般的に使用されている鉄筋は
SD295A、SD345、SD390などと
強度によって区分分けがされている。

 

しかし

あなたは「鉄筋の強度の差って一体何の差?」
という疑問をいだいたことは無いだろうか?

 

なぜなら

鉄筋と言うだけあって基本的には同じ「鉄」なのだから。

という事は同じ鉄でも強度区分が変わる「何か」があるはず。
その「何か」を今回は探っていきたい。

 

そこで

答えとなる記述が「建築工事監理指針(令和元年版上巻) [ 国土交通省大臣官房官庁営繕部 ]」にある。

 

P.295

5.2.4 材料試験

「標仕」5.2.3 は,鉄筋の品質を試験により証明する場合について定めたものであるが,この規定によりJISに適合することを証明するためには,機械的性質だけでなく,化学成分等を含めてその適合性を確認しなければならない。このため,JIS規格品以外でこの品質を確認することは現実的でないことが多く,一般的には,JISに適合することを証明する資料のある製品を使用することになる。

表-2 化学成分  単位 %

種類の記号 C Si Mn P S C+Mn/6
SR235 - - - 0.050以下 0.050以下 -
SR295 - - - 0.050以下 0.050以下 -
SD295A - - - 0.050以下 0.050以下 -
SD295B 0.27以下 0.55以下 1.50以下 0.040以下 0.040以下 -
SD345 0.27以下 0.55以下 1.60以下 0.040以下 0.040以下 0.50以下
SD390 0.29以下 0.55以下 1.80以下 0.040以下 0.040以下 0.55以下
SD490 0.32以下 0.55以下 1.80以下 0.040以下 0.040以下 0.60以下

 

 

つまり

鉄筋の強度を決定づけるのは「鉄」以外の鉱物によるのだ。
鉄筋を構成する化学的成分の違いが強度の違いを生んでいる。

 

きっと

この記事に興味を持たれた5割以上の読者は
「答えが予想できていた」と私は感じるよ。

だけど、その答えが予想できていた9割の読者は、
「何の成分が多いと違うか」という具体的な話まで行かず
ただ何となく違うんだろうなという雰囲気になっていたと感じる。

 

だから

せっかく今回の記事をここまで読んでくれたのだから、
それぞれの成分を見比べて「強度と成分の関係」について
すこしの時間だけでも考えてみることで、次回から鉄筋に
対する見方が少し変化するかもしれないね。

 

つまり

鉄筋の強度の違いは材料のどこに差があるのかについては
「鉄筋の化学的成分」の差である。

 

更に

鉄筋がJIS製品であると証明されるためには、降伏点などの
「機械的性質」だけでなく、鉄筋を構成する元素による
「化学的成分」も合わせて試験を行う必要があるが、
実際には、製造工場で材料試験を行なうので現場で
特別することは無いので安心してね。

現場で行なうとしたらミルシートなどの結果が「合格」
になっていることを確認することだけど、偽装されていたら
見破る手段がないので諦めよう。

 

だから

JIS規格品以外では、材料試験をする意味があまりないのが
現実なので、こちらの製品などは認定を取ったメーカー試験の
値を信じてやるしか無いよね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 既製コンクリート杭の施工計画書には何を記載すべきか?(2)

  2. 杭頭補強筋を溶接する前にやっておくべきたった1つのこと。

  3. コンクリートで現場監督の上司が1番気にするポイントは混和材?

  4. 道路使用許可を申請する時に自治体で違うと感じる2つの事とは?

  5. 特殊車両の前後に誘導車を付けなければイケない意外な理由とは?

  6. 材料置き場の計画は現場運営のセンスが命!3つのポイントとは?

  7. 既製杭は打設順序はなぜ番号順でなく飛び飛びに打設するのか?

  8. コンクリート工事の品質計画・許容値を定める上で大切な物とは?

  9. 柱・梁の断面算定の考え方と鉄筋の納まりの実態との差とは?(1)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

最新記事・おすすめ記事

  1. コンクリートの湿潤養生は散水だけでなく型枠の脱型にも影響する?

    2020.11.27

  2. コンクリート打設は一発勝負!床仕上げで失敗しない5つのコツとは?

    2020.11.25

  3. コンクリート打設のバイブレーター(棒型振動機)に関する5+1の…

    2020.11.20

  4. コンクリートの水平・垂直打継に関する11の基本的な知識とは?(…

    2020.11.18

  5. コンクリートの水平・垂直打継に関する11の基本的な知識とは?(…

    2020.11.16

  1. 一級建築士の資格勉強を始める時期はいつからか?という悩み

    2020.08.07

  2. 在宅勤務になり建築現場に配属されない時の学習方法は?という悩み

    2020.04.20

  3. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  4. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

人気記事ランキング

月間週間デイリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ