地中梁配筋時における設備業者とのトラブルNo,1事例とは?

Sponsored Links

 

鉄筋担当者になりたての頃はどうしても自分の担当の事しか
気が回らずに思わぬトラブルになることがしばしばあります。

 

しかも

今読んでいる方で設備関係の人がいると必ず頷く人が多いのが、
「建築の担当者は設備業者に対する配慮が欠けている人が多い」
と言うことです。

 

たとえ

現場の経験がそれなりにあるベテランの人でも、
「建築は建築」、「設備は設備」と考えてしまっている人が
いるなかで、いきなり設備業者の事まで考えろ!というのは酷なので
今回は、基礎工事中に配慮すべきポイントをたった1つだけお伝えします。

 

まず

最初に結論から言いますと「梁貫通孔に関するコミュニケーション」です。

 

なぜなら

地中梁の時点で設備業者が建築業者とからむ9割以上は
梁貫通孔に関する事だからです。

 

具体的には

梁貫通孔が必要な箇所には鉄筋による「補強」が必要です。
補強は貫通する径によって補強要領が異なります。
一般的に使用される認定品の梁貫通補強であれば、
貫通孔の両側に設置するあばら筋の本数が違います。

 

だから

電気、給排水、空調、ガスなどの各業者から情報を集めて
鉄筋屋さんに「どの梁に、どんな径のスリーブが、何本あるか?」
を事前に伝える必要があります。

 

更に

各設備業者には、配筋が始まる前にスリーブの位置を
捨てコンクリートの上に明示することを指示します。

 

この指示が出来ていないと、現場で鉄筋屋さんから

 

「こんな所に貫通スリーブなんて聞いてないぞ!
 あとは設備屋で勝手に補強しろ!」

 

と言われ、設備屋さんからは

 

「○○さんには図面渡してますからこっちは悪くないですよ!
 何とかして下さいよ~」

 

と言われ、完全に板挟みになってしまいますよ。

 

とにかく

地上に上がって来るまでは「梁貫通孔」とだけ覚えておきましょうね。

 

つまり

地中梁配筋時における設備業者とのトラブルNo,1事例とは、
貫通スリーブの設置に伴う補強筋の設置に関することです。

 

しかし

補強筋の設置に関するトラブルは、鉄筋業者と設備業者の
問題だけではないと私は考えており、2者間を調整するのが
あなたの役目でもあるからです。

実際の施工に掛かる前に、設備業者の要望をしっかりと
鉄筋業者に「指示」することが大切だからです。

 

えっ!?

「指示はしているけど、何故か上手く伝わってないの?」

そんなあなたにはこちらの記事がオススメですよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 建築工事のおける基本要求品質!?誰が提案するべきか?

  2. 足場の積載荷重は何を基準に決まるのか?建枠か?鋼製布板か?

  3. 乗入れ構台に乗り入れられない?計画時のチェックポイント(1)

  4. 誘発目地と鉄筋の位置関係で生じるかぶり厚さ不足とは?

  5. 移動式クレーンを手配する前に確認したいアウトリガーの形状とは?

  6. 柱筋のかぶり厚さは地上と地中とどちらを優先させるか?

  7. 足場の風荷重の算定方法とは?(3)壁つなぎの検討

  8. 建築現場の土工事の埋戻し時の注意点とは?(2)

  9. 耐圧盤付きの地中梁を2回に分けて打設する場合に失敗しがちな例とは?(1)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ