建築現場で家屋調査を省略した結果の悲劇とは?

Sponsored Links

 

建築現場を始める前に、周辺に近隣家屋などが近接していると
家屋調査を行うのが一般的。

 

家屋調査とは、専門の調査会社が工事の始まる前の
近隣家屋の劣化の状態を写真を含めた報告書として
作成すること。

建物の外観だけでなく、住人の人の許可があれば、
建物の内部の部屋の状態も写真に納めることも。

 

目的は

もしも工事中に建物に亀裂や傾きなどの不具合が
発生した場合に、「工事が原因か?」そもそも
「当初からあったか?」の客観的な判断をするため。

 

つまり

家屋調査を行わなかった場合に、いわれのないクレームを
受けると、「工事が起因物ではない」という事を証明するのは
非常に困難であるということ。

 

近隣さんに

「工事の最初の頃は無かった」

と言い張られると、なかなか覆すのが難しいのだ。
結局、いろいろな話し合いが何度も行われ、
最終的に、補修を行うこともしばしばある。

 

実際に

家屋調査を行うと結構な費用が発生するけど、
調査費用をケチってしまって、後で調査費用の
何倍も補修費用が発生したり、途方も無い労力と
精神的疲労が待ち受けているかもしれない。

 

だから

私は家屋調査費用というのはケチっては
いけないし、何かあった時の保険である。
という認識をもって、近接する建物がある場合は
必ず実施しておくようにしようね。

 

そして

事前に家屋調査を行った記録というのは、
近隣さんにも1部渡すので、クレームを言う前に
事前に先方でも確認することが出来る。

 

ゆえに

「クレームの抑制効果」もいくらかはあると感じているよ

 

つまり

建築現場で家屋調査を省略した結果の悲劇とは、
途中で近隣家屋に何かトラブルが発生しても、
当初からか、工事の影響か判断がつかないため、
現場の責任を免れることが出来なくなってしまうこと。

 

更に

本来いわれのない部分まで、補修を行う必要が出て来るため
結局、家屋調査費用のほうが安くついたという現場を
実際に聞いたことがあるということ。

 

更に更に

お金で解決するだけなら楽だけど、解決するまでのプロセス
において、途方も無い労力を費やすことになるので、
その「労力」と「精神的疲労」の方が、数倍高くつくよ。

 

だから

現場を運営していくためには、客観的な視線が重要。
現場以外の利害関係者とのノウハウはこちらで
詳しく段階的にお伝えしているので今すぐ確認しよう。

↓  ↓  ↓

利害関係者と上手につきあうための無料講座

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links


関連記事

  1. 独立基礎のはかま筋は独立基礎においては実際には不要なのか?

  2. 建築工事で品質計画を理解して具体的に定めている人は1割以下?

  3. 杭の剛接と半剛接って何?実は、現場の苦労は大違いの理由とは?

  4. 建設工事計画届の作成のポイント【杭打設計画図】

  5. 場所打ちコンクリート杭で品質上問題になる4つのポイントとは?(2)

  6. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

  7. 鉄筋のミルシートの管理が単純にエクセルで出来ない理由とは?

  8. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

  9. 建設工事計画届の作成のポイント【架空線・埋設物調査図】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仮設構造計算ソフトを暫定的に次世代足場に対応しました

    2019.08.12

  2. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  3. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  4. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  5. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (13)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ