仕様書通りでもどこかに違和感?防湿層はどのレベルに敷くのか?

Sponsored Links

 

「この納まりって上下替えても良いですか?」

と私の会社だけでなく、他の会社も合同で掛け合った事がある。
結果は、「標準仕様書に記載があるからダメ」ということで
設計図通りになってしまったのだけど、素人目には
余り効果が有るように見えないのが「土間コンクリート下の防湿層」。

 

確かに

防湿層は土間コンクリートの直下に敷くこと。
と記載されており、図解もちゃんと乗っている。

 

別に

この考え方がおかしいと私は感じている訳ではなくて、
土間コンクリート直下に、捨てコンクリートがある場合に、
防湿層は捨てコンクリートの下でも良いのでは?
と感じているからである。

 

だから

民間工事などで土間コンクリート下に捨てコンクリートがなく、
埋め戻して砕石の上に防湿層や断熱材を保護するための
クッション砂の上に防湿層を設置するのは何の違和感もない。
湿気は地下の埋め戻した土などから上がってくるので、
水を通さない捨てコンクリートであれば、別に上だろうが
下だろうが関係ないのでは?と感じるから。

 

では

具体的に嫌な部分はどこなのか?

と言われると2つある。

 

まずは

捨てコンクリートの上に防湿シートを敷くと「破れる」という懸念。

 

そもそも

捨てコンクリートの仕上げは「木ごて仕上げ」でつるつるではない。
しかも、普通のスラブの厚さよりも圧倒的に薄いので
骨材が沈むスペースがないので、骨材が表面に現れている
という状況も大なり小なり程度は様々だが有るのだ。

 

すると

防湿シートの上で配筋作業などをしていると、骨材と擦れて
破れてしまうのではと心配してしまうから。

 

 

2つ目に

防湿シートの上が雨などで濡れていて、シートの下が
コンクリートなどの固いものであれば「滑る」のでは?という懸念。

 

例えば

防湿シートの下がクッション砂などであれば、表面のシートが
たとえ滑りやすくても、体重でシートの下の砂などが
適度に沈んで吸収してくれるはずだけど、シートの下が
硬いものであれば滑りそうじゃない?

 

そこで

あなたが気になるのは

「で、実際やってみてどうだったの?」

ということだろう。

 

それは

「思っていたより問題なく出来た」

と言うのが正直な感想だね。

当然ながら、はじめの懸念事項が発生しないようには
気を使ったというのもあるけどね。

 

つまり

防湿層は土間コンクリートの下側に敷くのが仕様書通り。
そして、土間下に捨てコンクリートを打設する仕様であれば、
当然、土間コンクリートと捨てコンクリートの間に防湿層がくる。

 

ただ

私も含めて捨てコンクリートの上に防湿シートを敷くことに
抵抗感を感じる人は意外にも多い。という事を最近知った。

あなたはこの記事を読んでどのように感じるだろうか?

 

あっ

防湿層については、次回も注意点を記事にするので
合わせて読んでね。

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 試験杭で想定地盤と違っていたらどうする?支持層より高い場合(1)

  2. 建築現場で山留めが必要か?を判断する3つのポイントとは?

  3. 揚重計画は現場を運営する上で最重要ポイントであるという理由

  4. 既製コンクリート杭の高止まり、低止まりに備えよう

  5. ガス圧接施工計画書の本音と裏側(1)

  6. 場所打ちコンクリート杭の施工計画書の作成について(1)

  7. 建築現場の埋め戻しは30cmピッチ?20cmピッチ?

  8. 道路使用許可を申請する時に自治体で違うと感じる2つの事とは?

  9. 玉掛ワイヤーは編み込み式より鉛ロック式を使うべきと言われるのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー