防湿層は埋め戻してから敷けば良いのか?断熱材を割らずに敷くには?

Sponsored Links

 

前回は、防湿層や断熱材の下に捨てコンクリートのある場合をお伝えした。
今回は、防湿層と土間下に敷き込む断熱材について補足をお伝えする。

 

まずは

防湿層だけど、防湿層には一般的に「ポリエチレンシート」を敷込むが、
端部の処理をどのようにすれば良いか?について記載されている
図面はあまりなかったりする。

 

だから

防湿シートを埋め戻しが完了した状態で、地中梁にピッタリ付けて
シートを敷き込むことが多いんじゃないかな?

 

しかし

設計仕様によっては、水平方向だけではなく地中梁の鉛直方向へ
一定の寸法を折り返す図面になっている物もある。

個人的には、断熱のウレタンフォームの熱橋に対応する天井面への
折り返しと同じように、一定の寸法折り返したほうが「防湿としての効果」
は確実に有るのでは。と感じているよ。

 

そこで

防湿シートが地中梁への折り返しがある場合は、埋戻し前に防湿シートを
所定の寸法だけ貼り付けておいて記録として必ず写真を撮影しておこう。

 

 

次に

土間コンクリート部分が居室などである場合は、スタイロフォームなどの
断熱材を結露防止のために敷き込むが、砕石の上に直接敷くと不陸などで
土間配筋を行なう時にバキバキ割れてしまうことがある。

と言ってもバキバキになりすぎて断熱材としての効果が無くなる
というまでにはならないけどね。

 

そこで

断熱材の割れ防止として有効なのが「クッション砂」である。
設計図書によっては、厚さ30mm程度で記載されているが
そうでなければ自主的に行なうことは難しいかも知れないね。

 

なぜなら

砕石の費用に比べて、砂を敷くと費用が余分にかかるから。
なかなか現在の予算より費用のかかる工法をやろうという
人はいないし、設計変更もなかなか認めてもらえない事が多い。

まあ、そこまでこだわる部分でも無いかも知れないね。

 

つまり

防湿層は設計仕様で折り返しのある場合は、埋戻し時に
所定の長さを地中梁などに貼り付けて設置しないといけない。

 

更に

土間コンクリート部分が居室などであればスタイロフォームを
敷き込むが、スタイロフォームを割らずに敷くために有効なのは、
捨てコンクリートを打設しない場合では、厚さ30mm程度の
「クッション砂」が有効である。

 

更に更に

設計図書だけでは不明確な場合は設計者に質疑をあげれば良いが、
設計者に質疑をあげる前に、こちらの記事も確認しておこうね。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 地下水位が床付け深さより高い地盤の掘削時の注意ポイントとは?

  2. 建築の確認申請や計画通知がいつおりるのか?それが問題だ

  3. 柱や梁の出隅部分の端部にフックが必要な理由と隠れた気配りとは?

  4. 地下水位の高い地域の基礎工事は水替え費用をけちるな

  5. 再生砕石を使用する上で環境的に必ず知っておくべき事とは

  6. ガス圧接の継手面における鉄筋の切断加工で推奨されない工法とは?

  7. 杭工事の施工の品質確保について考えて置かなければいけないこと

  8. 山留め工事計画図の作成時にまず確認すべき事とは?

  9. 型枠支保工の計算の不備から起きる最悪の状態とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  2. 地中梁の打ち増し部の鉄筋の端部は定着する必要があるのか?

    2018.09.19

  3. レーザー墨出し器はグリーンレーザー良いと聞くけど高額では?とい…

    2018.09.14

  4. 隅柱や側柱において3次元的に考えるべき納まりとは?

    2018.09.12

  5. 柱と梁が同面でも勝手に配筋をしてはイケない理由とは?

    2018.09.10

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (281)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー