現場で失敗を発見した時にやり直す勇気はあるか?

Sponsored Links

 

現場で自分の失敗を発見。

「うわ~、やっちゃった~」

でも、まだ誰にも知られていない。
今からやり直すとなると明日のコンクリートまでには
絶対に終わらない。

 

「う~ん。どうしよう」

という経験って、現場を進めていたら
少なからず有るよね。

私にだって当然あるし、
あなたにだって当然あると感じるよ。

 

極端な例だけど、

梁の主筋が1本足りない事に気づいたとする。
工事監理者の配筋検査があったけど、
たまたま気がついていなくて合格している。

配筋写真は、部下が撮っているが
同じ符号の梁は他にも有るので、
どこの部位で撮影したのかは知らない。

偶然、見つけた不具合。

 

もしも

あなたが鉄筋材料を今から段取りしても絶対に
明日のコンクリートに間に合わないと、
知らん振りして打設を行ってしまう。

 

それから

半年後の完成検査の時に、
あなたは、忙しさに紛れて梁筋のことなど忘れている。

 

そこで

不意に見た配筋写真の、梁筋の本数が1本足りない。
その時初めて思い出す。

「あ~、あの時の梁筋だ~!!」

 

しかし

事実は誰にも言っていないので、
喉元まで出かかっていた言葉を慌てて飲み込む。

検査会場では、重苦しい雰囲気が漂っている。

 

数日後

梁をはつり取って、1本追加する工事が始まる。
工期もお金も当時に手直しをする時に比べて、
何倍も掛かって工事をするのだ。

更に、会社の信用なんてものは吹き飛んでいる。
周りの皆からは「不信の目つき」で見られているのが
ヒシヒシと伝わっている。

 

「あ~、あの時コンクリートの日程ずらしてでも
 鉄筋1本入れさせたら良かったな~」

いくら後悔しても、後悔しきれないよね。

 

結局

「やり直す」という小さな勇気に基づいた決断を
しなかったばかりに、最悪の結果を招いたという例。

 

それでも

あなたは、「まぁ、良いか?」と言えるかな?
そこに「小さな勇気」が生まれるか?だよね。

 

あっ

先ほどの例は、実例では無いからね(一応)。

 

つまり

現場で失敗を発見した時にやり直す勇気と言うのは
中々出ないのが普通である。

 

しかし

今嫌な思いをするか?
後から大問題になった後に嫌な思いをするか?
については、圧倒的に前者の方が被害は少ない。

目先の「楽」にとらわれて、ビクビクしながら
毎日を暮らす方が、あなたは良いかな?

 

そして

やり直す時期においても、被害の大きさは
かなり違ってくるから、「善は急げ」だよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
Sponsored Links


banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 現場で見えない瑕疵を見抜く力の養い方の秘訣とは?

  2. 品質管理においてISOの手法が必要になる瞬間とは?

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

  4. ISOという品質管理手法と日本的品質管理手法の違いを感じた瞬間

  5. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

  6. 工事写真を撮影する場合に若手職員によく見られる3つの間違いとは?

  7. 工事写真は一体誰のために撮るのか?【建築現場の品質管理】

  8. 出来栄えを見ないと指摘できない人は素人!?

  9. 建築現場に配属された新入社員が最初に行う品質管理とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ

blogramのブログランキング
  1. 異形鉄筋の公称直径・公称断面積・最外径と並んで重要な○◯とは?

    2017.11.03

  2. 鉄筋を現地で判断する最終材料、ロールマークと表示色とは?

    2017.11.01

  3. 高強度せん断補強筋について知っておくべき2つのこととは?

    2017.10.30

  4. 中途入社で1年目だと専門用語や業界の常識が分からないという悩み

    2017.10.27

  5. 鉄筋材料の基本事項を知っておこう(標準材料とSD490編)

    2017.10.25

  1. 【期間限定企画】無料プレゼント!いつも成功する人と失敗する人の…

    2017.10.16

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  4. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  5. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー