敷地境界の測量を初めに行うべき3つの誤差の話とは?

Sponsored Links

 

敷地境界って最初にしっかり確認しておかないと
後から大きなトラブルになる可能性が非常に大きい。

 

なぜなら

設計図面上の境界の位置が、現地にある測量杭と
きちんと合っているかは別問題だから。

 

そして

建物の建てる位置というのは、前面道路からの後退距離や
敷地境界からの距離などで決まっていることが多い。

 

だから

敷地境界自体がズレていると、全く見当違いのところへ
建物を立ててしまう危険性がある。
後から建物を、「よっこらしょ」と動かすわけにもいかないよね。

 

つまり

敷地境界の確認というのはメチャメチャ重要である。

 

また

敷地境界の測量を行う上で、必ず考慮しておかないと
いけないものが「誤差」である。

 

最近は、トータルステーションと呼ばれる「光波」を
利用して測量することがかなり多くなっているので
誤差自体はかなり少なくなっていると感じるけど、

機械で測る時には、必ず「機械誤差」というものが生じる。
感覚的には2~5mmは誤差が生じると考えておくべき。

 

かも、機械誤差は、トータルステーションの場合は
100m測っても、2m測っても誤差は同じくらいだよ。

 

次に

実際に測るのは測量機械としても、機械をセットして
測る段取りを行うのは「人間」である。

人間が行なう以上必ず誤差は生じるよね。
機械をセットする時に、自分ではキチンと据えた
つもりでも、10回同じことをしたら、機械のように
毎回同じような結果にはならないはず。

 

だから

測量誤差というものを考慮しておく必要がある。

 

更には

図面の情報自体にも、誤差が含まれている。
法務局にある土地の図面においては、
あらかじめ「誤差」も含まれているので

たとえ、実際の敷地境界を「正確」に測ったとしても
図面との「誤差」が生じるのだ。

 

だから

実際の敷地境界と図面の境界がどのくらいの「誤差」
があるかを、最初に確認することが非常に重要。
誤差が1cm以内であれば大きな問題は無いと感じるよ。

 

そして

測量結果の誤差を、設計などに提出して施工する上での
基準を確認してもらおう。

 

更に

敷地境界の測量を行う場合は、隣地の人にも
立ち会ってもらって、お互いに合意をしておく事が
非常に重要であると私は感じるよ。

多少面倒くさくても、後からのトラブルのことを考えたら、
立会をしておくことを絶対にオススメする。

 

つまり

測量には必ず「誤差」が含まれている。

  1. 測量機械自体の機械誤差
  2. 人間の目による測量誤差
  3. 図面の作図上の誤差

 

だから

実際の敷地境界と図面の境界の位置を初めに確認しておかないと、
建物を建てる位置が法的に治まらない場合もあるからね。

それだけ、最初の敷地境界の確認は重要だよ。

 

更に

近隣さんとの敷地境界は、必ず立ち会ってもらって
確認したほうが良いよ。お互い合意しておかないと
後からトラブルに成る可能性が非常に大きいからね。

 

あっ

近隣さんについてはこちらの記事も合わせて読むと効果的だよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. クレーンの定格総荷重と吊り荷重は同じと考えても良いのか?

  2. 鉄筋工事の施工計画書の本音と裏側(3)

  3. 足場の風荷重の算定方法とは?(2)風荷重の算定

  4. 山留め工事を行なう上で知らないでは済まされない安全知識とは?

  5. 建設工事計画届の安全衛生管理計画で記載すべき内容とは?

  6. 建築現場で揚重機を選択するための3つのポイントとは?

  7. ガス圧接施工計画書の本音と裏側(1)

  8. ガス圧接の継手面における鉄筋の切断加工で推奨されない工法とは?

  9. 耐圧盤やピット構造の基礎形式で山留の切梁が邪魔な場合は?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ
  1. 鉄筋を組み立てるときに、なぜ強固に結束する必要は有るのか?

    2018.10.05

  2. 溶接閉鎖型フープ(帯筋)のメリットとデメリットとは?

    2018.10.03

  3. 鉄筋の有害な曲がりの定義と、現場で起こりがちな場面と、私の主張

    2018.10.01

  4. 非耐力壁の代表格であるW15がチドリ配筋である理由とは?

    2018.09.26

  5. 在来スラブの最小厚さが150mmなのは配筋が原因というのは本当か?

    2018.09.21

  1. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  2. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  3. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

  4. 建築士の製図試験でエスキスをまとめる秘訣はないか?という悩み

    2017.09.13

  5. 一級建築士の製図試験でエスキスがまとまらないという恐怖!

    2017.09.11

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (43)
  • 工種別の管理ポイント (285)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)
  • 未分類 (2)

工種別カテゴリー