道路使用時の25tラフタークレーンの意外な設置の考え方とは?

Sponsored Links

 

現場の敷地いっぱいに建物がたっているときなどは、
道路を使用して揚重などを行わないと行けない。

 

しかし

道幅の狭い道路などではラフタークレーンで作業すると
道路を塞いでしまうこともある。

 

なぜなら

ラフタークレーンのお尻にあるカウンターウェイトの部分が
建物のほうを向くと道路を塞ぐ格好になるからである。

 

だから

所轄の警察署に道路の通行止めが出来ないか?交渉にいくと
「片側通行でないとダメ」
と却下されて途方に暮れるはめに、

「これじゃ、作業出来ないじゃないか」

というあなたにちょっとした裏技がある。

 

それは

25tラフタークレーンクラス以上なら、たとえ道路に
カウンターウェイト部分がはみ出ていたとしても、
その下を普通車くらいなら通過することが出来る。

 

つまり

トラックなどで荷姿が高い車両の場合は一旦作業を中断して
通行させないといけないが、普通車なら作業を中断することなく
通行させることが出来るということ。

 

実際に

私はこの方法を過去に2回行ったよ。

 

そして

道路を使用して作業をいるのでガードマンは当然配置しているので
通行が可能か?どうかはガードマンに判断させれば良い。

 

ただし

あまり交通量の多い所やトラックなどの抜け道などでは
効果は薄いので事前の調査が必要だろう。

 

もしも

あなたが無理だと判断したら警察署に再度交渉にいこうね。
あなたの身はあなた自身で守らなければいけないからね。
そうなると「絶対に通行止めにしてやる」
と気合いの入りかたが変わってくるよね。

 

つまり

道路使用時の25tラフタークレーンの意外な設置の考え方とは、
普通乗用車クラスであれば、カウンターウェイト部の下を通行する
事が可能であるということ。

よって、狭い道路の進行方向と直交してクレーン作業がある場合は
作業しながらでも7割程度の車両を通行させることが出来るので、
もしも、あなたが同じようなシチュエーションであれば参考にしてね。

 

更に

ラフタークレーンについてはアウトリガも大切なので、
こちらの記事も合わせて読むと理解が深まるよ。

↓  ↓  ↓

  • コメント: 0
banner11

Sponsored Links

関連記事

  1. 鉄筋のスペーサーにコンクリート強度を考慮しないと断面欠損になるか?

  2. 重ね継手の2つの素朴な疑問にあなたは答える事が出来ますか?

  3. 場所打ちコンクリート杭で私が大変だと感じる事とは?

  4. 柱のフープ筋に溶接閉鎖型フープをわざわざ使用する理由とは?

  5. 地下水位の高い現場をオープンカットで施工した悲劇とは?

  6. 足場の風荷重の算定方法とは?(4)壁つなぎの検討2

  7. 捨てコンクリートの数量が計画通りに収まらない3つの理由とは?

  8. 定着長さが配筋検査時の直すのが非常に困難な指摘事項の1つ!?

  9. 場所打ちコンクリート杭の最大のメリットと昨今の品質問題について

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1ランク上を目指すあなたへ

高額・好条件の転職サイト【施工管理求人ナビ】

プレゼント付無料講座開催中

kouza
仮設 syoseki

プロフィール

myImage

作者:TM


私の職業は「建築現場の現場監督」。
何だかんだで15年働いている。
その15年分のノウハウを若い現場監督さんのために、全て暴露しくよ。

なぜ、キツイ建設業界で働き続けているのか?
その秘訣がしりたいあなたは
今すぐこちらをクリック

↓ ↓ ↓

詳しいプロフィールはこちら


あっ、
ただし「社外秘」や「会社独自の技術」じゃ無いよ。
あくまで、「私個人の感じる本音」だよ。
  1. 仕事の経験年数と比較して実績が少なく自信が持てないという悩み

    2019.06.22

  2. 柱と梁のパネルゾーンの考え方で間違えてやすい考え方と失敗例とは?

    2019.06.19

  3. 柱筋の配筋を見た時に思わず修正させた驚愕の光景とは?

    2019.06.17

  4. 最上階の柱頭部の納まりに「かご筋」は使えないのか?

    2019.06.14

  5. 鉄筋屋さんに対し、良く計算されていると感じる柱の主筋の長さの秘…

    2019.06.12

  1. 最上階の梁の定着は一般解の梁と何が違うのか?

    2019.02.15

  2. TMです。新年明けましておめでとうございます。【悩める建設マンへ】

    2019.01.01

  3. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(2)

    2017.10.09

  4. 工事写真をスマホで管理する時代が到来!Photo Manager(1)

    2017.10.06

  5. 一級建築士、二級建築士、施工管理技士の資格試験で記憶力を高める…

    2017.09.15

人気記事ランキング

月間

週間

デイリー

仕事の悩みカテゴリー

  • みんなの悩みを共有 (58)
  • 工種別の管理ポイント (325)
  • ちょっと一休み!コーヒーブレイク (3)
  • プライベート (1)
  • お知らせ (12)
  • その他 (7)

工種別カテゴリー

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 現場監督へ